>『戦国時代の群像』113(全192回)尼子勝久」(1553~1578)戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。尼子誠久の五男。天文22年(1553)、尼子誠久の五男として生まれる

尼子6
『戦国時代の群像』113(全192回)尼子勝久」(1553~1578)戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。尼子誠久の五男。天文22年(1553)、尼子誠久の五男として生まれる。天文23年(1554)、祖父の尼子国久、父の誠久ら新宮党が尼子晴久によって粛清されたとき、小川重遠によって助けられる。後に晴久が保証人となり、京都に出て東福寺の僧となった。永禄9年(1566)、毛利元就の侵攻を受けて尼子氏は滅亡するが、永禄11年(1568)、尼子家の再興を図る山中幸盛・立原久綱らに擁立されて還俗し、隠岐国で機会を窺うこととなる。永禄12年(1569年)に隠岐国から出雲国に入ると、尼子氏の旧臣の支援を得て出雲新山城に入城。月山富田城奪還を目論むが、毛利元秋や天野隆重の奮戦により攻略は失敗に終わる。永禄13年(1570)2月、布部山の戦いで毛利軍と戦って敗北を喫し、京都へ逃れた。天正2年(1574)、因幡国の山名豊国の支援を得て今度は因幡からの出雲侵攻を企てるがこれも失敗に終わった。その後は織田信長の傘下に入り、羽柴秀吉の中国方面軍に付けられ、天正5年(1577)には宇喜多直家の支城である播磨国上月城を攻略した際にその守備を命じられた。天正6年(1578)、毛利氏は宇喜多氏と共に総勢3万で上月城に迫った。秀吉は信長の命により別所長治が籠る三木城攻略に専念することとなり(三木合戦)、近侍させていた亀井茲矩を使者として勝久らに上月城からの撤退を要請した。しかし勝久らはこれに従わず籠城、毛利氏の猛攻に遭いついには降伏する憂き目に遭う(上月城の戦い)。勝久は嫡男・豊若丸、兄弟の氏久、重臣の神西元通らと共に自害した。享年26。一方、山中幸盛は捕虜となり移送される途中に斬殺された。これにより大名としての尼子氏再興運動は潰えることとなる。尼子②





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR