史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

「京都古社寺探訪」城南宮・城南宮は京都市伏見区にある神社で式内社である。旧社格は府社「方除大社」として知られている。祭神は息長帯日売命(神功皇后)八千歳神(大国主神)国常立尊に他に天照大神・品陀別命

じ城南宮I
「京都古社寺探訪」城南宮・城南宮は京都市伏見区にある神社で式内社である。旧社格は府社「方除大社」として知られている。祭神は息長帯日売命(神功皇后)八千歳神(大国主神)国常立尊に他に天照大神・品陀別命・別雷神・大山咋・天児屋根命・宇気毛智神を祀る。平安遷都に際し、平安城の南に祀るお宮、国土安泰王城鎮護の意味から祈願された。当時は朱雀大路から羅城門から南に延長した所に城南宮があって、鴨川と桂川の合流にある重要な要所、この地に白河天皇や鳥羽上皇は「鳥羽の水閣」と呼び城南離宮を築き院政を敷いた。代々天皇の行幸がなされた。熊野詣の際にも旅の安全を願い「方違え」の旅所を定めた。離宮内の御堂や九体阿弥陀堂、上皇の陵墓の三重の塔で仏事を重ねらえた。応仁の乱では荒廃をしたが江戸時代になると復興された。幕末の文久三年(1863)孝明天皇の攘夷祈願の行幸が行なわれた。慶応四年(1868)の鳥羽・伏見の戦いの主戦場になったのも、この地である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1425)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん