史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

「新西国観音三十三所巡り」鶴林寺”新西国27番札所“・兵庫県加古川市にある仏教寺院。山号を刀田山と称する。宗派は天台宗、本尊は薬師如来である

か鶴林寺f
「新西国観音三十三所巡り」鶴林寺”新西国27番札所“・兵庫県加古川市にある仏教寺院。山号を刀田山と称する。宗派は天台宗、本尊は薬師如来である。近畿地方に数多くある聖徳太子開基伝承をもつ寺院の一つで、太子建立七大寺の一つともいうが、創建の詳しい事情は不明である。平安時代建築の太子堂(国宝)をはじめ、多くの文化財を有し、「西の法隆寺」とも称されている播磨地方有数の古寺である。境内および塔頭の周囲三方が鶴林寺公園として整備されC11形蒸気機関車なども展示され休日には親子連れの遊び場になっている。伝承では創建は崇峻天皇二年(589年)にさかのぼり、聖徳太子が当時播磨の地にいた高麗僧・恵便(えべん)のために建立した。養老二年(718年)身人部春則なる人物が七堂伽藍を整備したというが、伝承の域を出ない。ただし、推古天皇十四年(606年)、聖徳太子が法華経を講義し、その功で天皇から播磨国の水田百町を得たことは史実とされ、聖徳太子と播磨には何らかの関連があったとみられている。創建時は四天王寺聖霊院という寺号であったものを、天永三年(1112年)に鳥羽天皇によって勅願所に定められたのを期に「鶴林寺」と改めたという。鶴林寺には、飛鳥時代後期の銅造聖観音像があり、本堂本尊の薬師三尊像は平安時代前期・10世紀にさかのぼる古像であることから見て、かなり古い歴史をもつ寺院であることは間違いない。戦国時代には近隣の書写山が戦火に巻き込まれたが、時の播磨姫路領主、黒田孝高の説得で信長派となり戦に巻き込まれずに今日まで古い建築物が沢山残った。寺には官兵衛と交わした書状が沢山残っている。のちに福岡藩の大封を得た黒田家は鶴林寺にて大規模な法要を行い、礼として金銀を寄進をした。現在も主要な堂塔だけで十六棟の大伽藍を有するが、鎌倉・室町期には寺坊だけで三十以上を有する規模であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1431)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん