『河内史跡巡り』法雲寺・大阪府堺市美原区今井にある黄檗宗の仏教寺院。山号は大宝山。本尊は釈迦如来。河内西国霊場第六番札所。前身は、空海開基の神福山長安寺

ほ法雲寺3 (3)
『河内史跡巡り』法雲寺・大阪府堺市美原区今井にある黄檗宗の仏教寺院。山号は大宝山。本尊は釈迦如来。河内西国霊場第六番札所。前身は、空海開基の神福山長安寺(ちょうあんじ)という名の真言宗の寺院であったが、元和六年(1620年)に、狭山池の堤防が決壊し、西除川の洪水により、寺地及び寺は流出した。明暦年間(1655年~1657年)頃に、曹洞宗の僧・宗月が、長安寺の寺地と寺を今井村中から譲り受け、寛文十一年(1671年)に地中より観音像を掘り出し、草庵に安置して再興した。翌、寛文十二年(1672年)に、宗月は宇治・黄檗山万福寺の開祖の隠元隆琦の弟子である慧極道明(えごくどうみょう、1632年~1721年)に寺地と寺を譲り、寛文13年(1673年)に慧極は幕府の許可を受け、寺号を大宝山法雲寺と改め、黄檗宗の寺となった。慧極は、延宝五年(1677年)に禅堂を、延宝8年(1680年)に鐘楼を建立し、その後、三十年をかけて大門、大方丈、開山堂、斎堂、天王殿、長生閣などの二十数棟を整備した。元禄10年(1697年)に、狭山藩(後北条氏の末裔が藩主)の5代藩主北条氏朝は、慧極と師弟の約を結び、以後、北条家の菩提所となった。墓地の中央には、第十一代藩主北条氏燕の墓がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR