スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦国時代の群像』102(全192回)相馬 義胤(1548~1635)日本の戦国時代から江戸時代の武将。戦国大名。陸奥相馬氏第16代当主。小高城主。宇多郡・行方郡・標葉郡の領主。

相馬9『戦国時代の群像』102(全192回)相馬 義胤(1548~1635)日本の戦国時代から江戸時代の武将。戦国大名。陸奥相馬氏第16代当主。小高城主。宇多郡・行方郡・標葉郡の領主。父・盛胤は天文の乱より後、晴宗派の伊達氏との確執が続く中、三春城(田村郡)の田村氏と和睦することによって所領の基盤を固めた。父の方策に従い幼き頃から各地を転戦。奥州の覇権を求めた伊達輝宗・政宗に近隣の諸大名・小名と合従連衡を繰り返して対抗した。亡き曽祖父である伊達稙宗の隠居城(丸森城)やその近辺である伊具郡・宇多郡の領有権争いでは、大勢を決したため田村氏の仲介により伊達氏へ伊具郡を返還し、一時和睦が成立した。蘆名盛隆が死去し、関白に任官した豊臣秀吉の権勢が強まると、伊達氏はそれまでの洞 (武家)による支配体制を覆し、親戚である蘆名氏の領土(会津地方・中通り地方)を侵攻し始めた。その動きを警戒していた義胤は当初、中立的立場を保っていたが、人取橋の戦いを優勢に進めた岩城常隆・佐竹義重等と次第に連合軍を形成していった[1]。関ヶ原の戦いでは大坂に嫡子・三胤(蜜胤・利胤)を残し、自らは所領の守りを固め、政宗に相馬領を通過させた。義胤の娘は岩城貞隆の正室となっており、相馬、岩城、佐竹は連帯している[3]。慶長7年(1602年)、牛越城下において相馬野馬追のさなかに義胤に対し、関ヶ原で徳川方に与しなかったとして改易されたものの、蜜胤の訴訟や徳川秀忠の旗本島田治兵衛の好意、江戸城競馬での本多忠勝の機転などがあり、同年10月、嫡子をもって相馬氏による三郡の再統治を認められた。尚、上杉領には関ヶ原の戦いで東軍に属した蒲生秀行が封ぜられ、岩城領には伏見城の戦いで真先に西軍から攻められて討ち死にした徳川家老臣鳥居元忠の嫡男・忠政が封ぜられた。大坂冬の陣には義胤の嫡男・利胤が徳川方で出陣し、大坂夏の陣へは病で倒れた利胤の変わりに急遽、義胤が向かった。天文17年(1548年)、第15代当主・相馬盛胤の嫡男として生まれた。永禄2年(1559年)、伊達稙宗(丸森城)が小高城へ来訪、自分の娘を義胤の嫁に薦める。翌年(1560年)、稙宗の末娘・越河御前と結婚した[4]。永禄6年(1563年)、青田顕治と中村城代・草野直清の反乱鎮圧にて初陣する。同年の室町幕府の記録には全国五十三名の大名が「大名在国衆」として上げられ、奥州では伊達晴宗・蘆名盛氏が織田信長らと名をつらね、相馬盛胤・岩城重隆らは「関東衆」として記されていた。永禄8年(1565年)、伊達稙宗が死去。伊達晴宗との間で稙宗の遺言をめぐり領土問題が起きる。この頃、家中では義胤の継母(実家は武石氏・亘理氏)の意見が多くなり、越河御前と離縁し、伊達家に帰したとされる。越河御前は離縁してからほどなくして死去したという(『戦国相馬三代記』森鎮雄著)。義胤は父に付き従い各地を転戦。相馬家は亘理氏(亘理城)、蘆名氏(黒川城)、田村氏(三春城)との不戦関係を維持する一方で天文の乱以来の宿敵となる伊達氏(米沢城)と稙宗の隠居領を巡って伊具郡・亘理郡付近で争うことになる。天正5年12月5日(1578年1月12日)には伊達晴宗が死去。天正6年(1578年)1月、義胤は父の隠居により家督を継承。3月には関東管領の上杉謙信(春日山城)が死去し、御館の乱が勃発。同3月、義胤は二階堂家臣・須田大膳大夫の援軍を得た岩城氏と相馬領南方の松本権現堂(推定・双葉郡浪江町権現堂)で戦っている(藤葉栄衰記)。4月、伊達輝宗が実弟石川昭光の苦境を救わんとして調停をはかるも蘆名、田村ともにこれを峻拒。6月には田村清顕が塩松[9]領主小浜城の大内定綱と不和となり(首藤石川文書『福島県史7』)、8月以降抗争を繰り返すようになった(富田古文雑収所集文書『郡山市史8』)。蘆名・田村氏と石川氏の和睦は昭光の依頼を受けた白川義親が蘆名氏に接触して7月下旬に成立した(伊達文書『福島県史7』)。8月、白川義親と佐竹義重の和睦も成立した。その条件は赤館を白川方に、石川領を石川氏に返却すること、白川氏の名跡を義重次男が相続することなどとするものであった(早稲田大学白河文書『白河市史五』)。義重次男喝喰丸が義親の養子となって入嗣し、白川氏の佐竹氏への服属が確定することとなる。7月、羽柴秀吉が関白となり豊臣姓を名乗る。8月27日、田村勢が伊達政宗を援けて大内定綱の小手森城(二本松市針道)を攻める。9月、輝宗・政宗父子が大内定綱を攻めるべく安達郡宮森に在陣した。義胤は三春訪問の途次、政宗と小浜城・宮森城付近の陣所で初対面を果たしている。10月8日、伊達輝宗が二本松義継に捕らわれて死去。14日には政宗の二本松攻めの援軍として田村清顕と共に三春城より出陣した。しかし、佐竹義重が二本松城救援のために北上してくると、義胤は他の南奥諸大名と共に佐竹方に付いた[15]。11月17日の人取橋の戦いでは、蘆名・佐竹連合軍に加わり、約300騎で佐竹勢と二階堂勢との間に本陣を構え、東義久、岩城常隆らが伊達勢の高倉城を貫くと、佐竹義重・白川不説斎の本陣勢と共に政宗の本陣へ攻め上った。天正14年(1586年)、二本松城を攻めあぐねていた伊達方は、老臣伊達実元を中心に政宗を説き伏せ、義胤に和議の斡旋を依頼。その結果、7月16日に二本松城は開城され、二本松国王丸・新城盛継らが会津へと退去した。実元の子・伊達成実は二本松城主となった。成実の正室・亘理御前は義胤から見れば妹の娘に当たる。10月9日に田村清顕が死去すると、田村家中では相馬・伊達のどちらにつくべきかで争いが生じ、これに伴って義胤と政宗の関係は決裂していく。11月、蘆名盛隆の実子・亀王丸が死去した。天正15年(1587年)6月、豊臣秀吉が九州を征伐(九州征伐)。10月14日、最上義光の娘を妻にしていた鮎貝宗信が伊達家を離反。政宗に討伐される[14]。この頃になると、佐竹は惣無事令によって、伊達と蘆名の和睦斡旋を命じられたために、自ら兵を公然と動かすことができなくなり、かえって政宗の軍事行動が容易になり、その勢力伸長を抑えられなくなった。同年、相馬氏も豊臣政権より奥羽惣無事を命ぜられている(『天正15(1587年)年極月3日富田左近将監書状。11月28日、豊臣政権による小田原征伐が決定し、石田三成より来月の上旬に出仕を求める書状が届く。12月20日、政宗は中島宗久あての書状の中で、来春の相馬攻めのことを告げた(伊達文書)。天正18年(1590年)1月3日、これより先に義胤は中島宗久の仲介で伊達との和議を請うが、これは難航する(伊達文書)。同日、政宗は中島氏当ての書状を送り、相馬の様子を探らせた(伊達文書)。相馬は岩城と伊達の和睦を知り、単独で伊達への抵抗が難しいことを悟ったが、政宗の方略は北条と結んで佐竹を屈服させ、さらに秀吉に対抗するところにあった。1月20日、秀吉が政宗に書を送り小田原参陣を命じる。政宗応じず。3月18日、弟の中村城代・相馬隆胤の兵が駒ヶ嶺を攻めて敗北している(奥相茶話記・東奥中村記)。4月3日、豊臣秀吉が小田原を包囲。4月上旬、会津黒川城西館において伊達政宗毒殺未遂事件が起き、政宗、弟の小次郎を斬る(伊達治家記録)。4月23日、相馬盛胤・義胤父子は新地城を攻めて失敗した(奥相茶話記・東奥中村記)。7月5日、北条氏政が豊臣政権に降伏。7月7日、政宗は大里城(岩瀬郡天栄村)に拠る矢田野氏の抵抗が未だ収まらなかったため、そちらに全勢力を傾け相馬攻めを延期した(天正十八年七月七日 伊達政宗書状「原町市史中世編年史料」)。7月26日、小田原征伐を終え奥州仕置に向かった豊臣秀吉は宇都宮に到着。義胤は三郡の本領を安堵された[14]。葛西晴信・大崎義隆の両名は小田原に参陣しなかった事を理由に領地を没収された。8月9日、秀吉は黒川城に入り奥州仕置きを命令。政宗が滅ぼした蘆名氏の旧領へは蒲生氏郷が、大崎氏・葛西氏の旧領には木村吉清・清久父子が封ぜられた。10月初旬、葛西大崎一揆が勃発。12月7日、三郡検地の結果、相馬氏は宇多・行方・標葉3郡の内に48,000石の安堵となった(豊臣秀吉朱印宛行状)。慶長2年(1597年)正月1日、秀吉、朝鮮再征を令す。5月、居城を小高城から北の牛越城に移す。この牛越城普請のとき重臣・泉胤政が出奔している。原因は公儀の下奉行と胤政の奉行とが喧嘩を起こしたのを胤政が私曲して伐したので、義胤が胤政を誅伐しようと出馬したためとされる。胤政は後に上杉家に仕えて慶長出羽合戦で活躍した逸話があり、さらに後の慶長7年(1602年)に相馬家に帰参しており、帰参の時期が相馬家の改易の時期と重なることから牛越城近くに海運拠点を欲した義胤が、もとは田村氏の一族であり中郷(行方郡新井田川流域)の大将格であった泉氏を障害として排除しようとしたのではないかという説がある。慶長3年(1598年)3月、上杉景勝が越後から会津へ転封。7月、三胤上京する。慶長17年(1612年)4月、義胤は家督を相馬利胤(三胤→蜜胤→土井利勝の偏諱から利胤と改名)に譲って小高城から泉田(浪江町北幾世橋)に隠居した。慶長19年(1614年)大坂冬の陣には利胤が出陣。翌年(1615年)の大坂夏の陣にも利胤が向かうが、その途中病気となり、急遽代わりに義胤が向かった。利胤が寛永2年(1625年)に病死すると、孫の2代藩主・虎之助の後見役となり、隠居した後も直接ではないが、藩政に深く関与していた。寛永12年(1635年)11月16日没。享年88。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。