「新西国観音三十三所巡り」斑鳩寺”新西国三二番札所“兵庫県揖保郡太子町鵤(いかるが)にある天台宗の寺院。伝承によれば、606年(推古天皇十四年)聖徳太子

い斑鳩58 (1)
「新西国観音三十三所巡り」斑鳩寺”新西国三二番札所“兵庫県揖保郡太子町鵤(いかるが)にある天台宗の寺院。伝承によれば、606年(推古天皇十四年)聖徳太子が推古天皇から播磨国揖保郡の土地360町歩を賜り、大和国斑鳩宮から移住し当地を斑鳩荘(鵤荘)と命名、伽藍を建立した、とされ、これを斑鳩寺の始まりと伝える。606年、聖徳太子が推古天皇に法華経を講義して、播磨国の水田を賜ったことは史実と認められ、その縁で当地に斑鳩寺が建てられたものと思われる。長らく大寺院であったが、室町時代後期の1541年(天文十年)、守護大名である赤松氏・山名氏の戦禍を受け、灰燼に帰した。後に、播磨を地盤とする赤松氏等が発願し、徐々に復興していったとされる。また復興を機に、従来法隆寺支院であったのを天台宗へ改めた。聖徳太子の生誕地奈良県明日香村の橘寺と、墓所の大阪府太子町の叡福寺を結んだライン延長上に、この兵庫県太子町の斑鳩寺が位置する。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント