「史跡探訪」称念寺(新田義貞の墓所)は、福井県坂井市(旧坂井郡丸岡町)にある時宗の寺院

称念持
「史跡探訪」称念寺(新田義貞の墓所)は、福井県坂井市(旧坂井郡丸岡町)にある時宗の寺院。山号は長林山。院号は往生院。この寺は、室町時代につくられた縁起によれば、721年(養老五年)泰澄によって開かれたと伝えられ、1290年(正応三年)他阿真教によって時宗に改められたという。新田義貞が延元三年・暦応元年(1338年)に越前国藤島の燈明寺畷の戦いで戦死すると、時衆によって遺骸が往生院に運ばれたと『太平記』にある。この往生院が当寺とされている。当寺境内に義貞墓所があり、近世に江戸幕府や福井藩から保護を受けた。近くにあった末寺の光明院は倉を経営していた[1]。また三国港から日本海を通じて交易を行っていた。そのため越後国府中(新潟県上越市)に同名の寺もできた(当初「応称寺」と言ったが、すぐ同じ名に改めた)。高田城下に移転した。室町時代には、後花園天皇や室町幕府八代将軍足利義満の祈願所となり、そのほか武将の帰依を得た。それらは文書として当寺に残されている[2]。門前に一時期明智光秀が住み、そこから仕官して出世していったという。その時の妻とのエピソードに因んで、松尾芭蕉が「月さびよ明智が妻の咄せむ」と詠んでいる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント