『歴史の時々変遷』(全361回)159“永禄の変” 「永禄の変」永禄8年5月19日(1565)、三好義継、三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)と松永久通らの軍勢

永禄5
『歴史の時々変遷』(全361回)159“永禄の変”
「永禄の変」永禄8年5月19日(1565)、三好義継、三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)と松永久通らの軍勢によって室町幕府第13代将軍足利義輝らが京都二条御所に襲撃され、殺害された事件である。近年では、他に「永禄の政変」と呼称されることもある。義輝側は三好・松永らの謀叛に備え、数年前から二条御所の四方の堀・土塁等を堅固にする工事を施していた。ルイス・フロイスの『日本史』によれば、事件前日の永禄8年(1565)5月18日には、義輝は難を避け京を離れるためにいったん御所を脱出している。しかし、奉公衆ら義輝の近臣は、将軍の権威を失墜させると反対し、義輝とともに討死する覚悟を示して説得を行ったため、義輝も不本意ながら御所に戻ったという。いっぽう三好・松永らは、御所の門扉の改修が済む前に包囲するべく、翌5月19日に清水寺参詣を名目に約1万の軍勢を結集して御所に押し寄せ、将軍に訴訟(要求)ありと偽って取次を求めた。奉公衆の進士晴舎(しんじ はるいえ)が訴状の取次ぎに往復する間、三好・松永の鉄砲衆は四方の門から侵入して攻撃を開始した(なお松永久秀がこの事件の主導者であるという見解が広く巷間に流布しているが、久秀はこの事件が起こった際大和国にいて直接には関与していない。しかし、主導しなかったとはいえ久秀が将軍暗殺を黙認したことは事実である)。将軍方の応戦は激しく、一色淡路守(実名不詳)以下十数名が三好方数十人を討ち取った。その間に殿中では、進士晴舎が敵の侵入を許したことを詫びて御前で切腹し、義輝は近臣たち一人一人と最後の盃を交わし終え、主従三十名ほどで討って出た。治部藤通の弟福阿弥は、鎌鑓で数十人を討ち取り、剣豪塚原卜伝に兵法を学んだ義輝自身も薙刀を振るって奮戦したという。事件の当日に在京していた山科言継の日記『言継卿記』の五月十九日の条では、戦いが行われ、奉公衆が大勢討ち死にし、同日の午の刻の初め頃(昼頃)には将軍も「生害」されたと伝えている。しかし、多勢に無勢の中、昼頃には義輝主従全員が討死し、生母の慶寿院(近衛尚通の娘で12代将軍足利義晴の正室)も自害した。義輝正室(近衛稙家の娘)のほうは近衛家へ送り届けられたが、義輝の寵愛を受け懐妊していた側妾の小侍従(進士晴舎の娘)は殺害された。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント