『戦国時代の群像』83(全192回)前田 玄以(1533~1602)戦国時代から安土桃山時代にかけての僧侶・武将・大名。豊臣政権の五奉行の1人

前田4
『戦国時代の群像』83(全192回)前田 玄以(1533~1602)戦国時代から安土桃山時代にかけての僧侶・武将・大名。豊臣政権の五奉行の1人。天文8年(1539)、美濃国に生まれる。『寛政重修諸家譜』によると前田氏は、加賀藩主前田氏と同じく菅原氏の一族として収録されているが、藤原利仁の末裔にして斎藤氏支流の季基が美濃国安八郡前田に住んで前田氏を称したという。若いころは美濃の僧で、禅僧あるいは比叡山の僧ともいう。また尾張小松原寺の住職であったともいう、後に織田信長に招聘されて臣下に加わり、後に信長の命令でその嫡男・織田信忠付の家臣となる。天正10年(1582年)の本能寺の変に際しては、信忠と共に二条御所にあったが、信忠の命で逃れ、嫡男の三法師を美濃岐阜城から尾張清洲城に移した。天正11年(1583)から信長の次男・信雄に仕え、信雄から京都所司代に任じられたが[6]、天正12年(1584)に羽柴秀吉の勢力が京都に伸張すると、秀吉の家臣として仕えるようになる。文禄4年(1595)に秀吉より5万石を与えられて丹波亀山城主となった。豊臣政権においては京都所司代として朝廷との交渉役を務め、天正16年(1588)の後陽成天皇の聚楽第行幸では奉行として活躍している。また寺社の管理や洛中洛外の民政も任され、キリシタンを弾圧したが、後年にはキリスト教に理解を示し融和政策も採っている。慶長3年(1598)、秀吉の命令で豊臣政権下の五奉行の1人に任じられた。蒲生氏郷が病の際に、秀吉は9名の番医による輪番診療を命じた。この仕組みの運営は玄以邸で出されている。玄以が検使として立ち合っており、診療経過は逐一、秀吉に報告された[7]。秀吉没後は豊臣政権下の内部抗争の沈静化に尽力し、徳川家康の会津征伐に反対した。慶長5年(1600)、石田三成が大坂で挙兵すると西軍に加担、家康討伐の弾劾状に署名したが、一方で家康に三成の挙兵を知らせるなど内通行為も行った。また豊臣秀頼の後見人を申し出て大坂に残り、更には病気を理由に最後まで出陣しなかった。これらの働きにより関ヶ原の戦いの後は丹波亀山の本領を安堵され、その初代藩主となった。慶長7年(1602)5月20日に死去。享年63。長男の秀以は前年に早世していたため、3男(次男という説もある)の茂勝が後を継いだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR