『浪速史跡めぐり』渡辺綱駒つなぎの樟・都島神社を更に西に行くと、公園と隣り合わせに、森が見える。その中で一際大きく見える

わ渡邊つなぎ
『浪速史跡めぐり』渡辺綱駒つなぎの樟・都島神社を更に西に行くと、公園と隣り合わせに、森が見える。その中で一際大きく見えるオオクノキが見える。この辺りは大江山の鬼退治で有名な、源頼光の領地であった。長徳年間に頼光は一族の武神八幡大神を祀り、産土神社を創建した。その時に頼光このクスノキ植えたと言う。その後頼光の四天王と言われる、渡辺綱がこの地を管理を任され、この神社に参拝するときには、いつもこの木に馬を繋いだので「渡辺綱駒」と言われるようになったという。樹齢900年と言うクスノキは戦前は天然記念物として指定されたが、外二次世界大戦で戦災に遭い、枯れた。産土神社は明治42年に近くの桜ノ宮神社に合祀された。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント