“日本名僧・高僧伝”16・実恵(じちえ/じつえ・実慧、延暦5年(786年)?- 承和14年11月13日(847年12月24日))は、平安時代前期の真言宗の僧。空海の十大弟子の一人。

 実恵1実恵w“日本名僧・高僧伝”16・実恵(じちえ/じつえ・実慧、延暦5年(786)?承和1411138471224))は、平安時代前期の真言宗。空海の十大弟子の一人。 俗姓は佐伯氏、讃岐国の出身で空海の一族。檜尾僧都・道興大師とも称される。初代東寺長者とされている。生涯*延暦年間(782-806年)、奈良東大寺泰基法相(唯識)を学ぶ。*大同2年(807)、受戒(一説に延暦23年(804年))。*弘仁元年(810)、一説にこの年空海から灌頂を受ける。*弘仁3年(812)、杲隣智泉とともに高雄山寺三綱に任じられる。*弘仁7年(816)から泰範とともに空海の高野山開創に尽力。*天長4年(827)、観心寺(大阪府河内長野市)を創建。*承和3年(8365月、権律師(一説に律師)に任ぜられ、東寺長者となる。*承和4年(837年)、一説に律師に任ぜられる。*承和7年(840年)9月、少僧都に任ぜられる。*承和10年(843年)11月、東寺二長者を創設し真済を任ずる。*12月、伝法・結縁灌頂の道場として東寺灌頂院を創設し、真紹に伝法灌頂職位を授ける。*承和12年(845)、空海が天長5年に開設した学校である綜芸種智院を売却し、波国大山荘を買取。東寺伝法会の財源とする。*承和14年(847年)1113、河内国にて入滅。享年62。檜尾山に葬られる。*安永3年(1774年)8月、道興大師の諡号を賜る。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント