“日本名僧・高僧伝”13・義真(ぎしん、天応元年(781年) - 天長10年7月4日(833年8月26日))は、平安時代前期の天台宗の僧

義真1義真2“日本名僧・高僧伝”13・義真(ぎしん、天応元年(781天長1074833826))は、平安時代前期の天台宗。俗性は丸子連または丸子部相模国の出身。修禅大師とも称される。奈良興福寺法相を学び、鑑真の弟子から受戒され中国語にも通じた。その後最澄に師事し、804延暦23年)中国語の通訳(訳語)として最澄とともに唐へ渡り、最澄と同じく道邃(どうすい)から円頓戒を、順暁(じゅんぎょう)から密教の付法をうけ日本へ帰国した。822弘仁13年)に最澄が没した後には比叡山大乗戒壇初の授戒の伝戒師となる。824(天長元年)初代の天台座主に就任し、832(天長9年)には天台宗の僧として初めて維摩会講師となった。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント