スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“日本名僧・高僧伝”10、善珠(ぜんしゅ・ぜんじゅ、養老7年(723年) - 延暦16年4月21日(797年5月25日))は、奈良時代から平安時代前期にかけての僧

 善1 “日本名僧・高僧伝”10、善珠(ぜんしゅ・ぜんじゅ、養老7年(723 - 延暦16421797525))は、奈良時代から平安時代前期にかけての。俗姓は阿刀氏で、玄昉の子とする史書もある[1]が、善珠の生まれた723年当時玄昉は遣唐使として唐に滞在している最中である。大和国の出身。秋篠寺の開基とされている。法相六祖の1人。玄昉に師事して法相因明に通じた。793(延暦12年)比叡山文殊堂供養の堂達を、翌794(延暦13年)には延暦寺根本中堂落慶の導師をつとめた。796(延暦15年)には桓武天皇の命により故物部古麻呂のための法華経供養の導師をつとめた。797(延暦16年)には皇太子安殿親王(後の平城天皇)の病気平癒祈願の功により僧正に任じられている。その後間もなくして75歳で没。奈良仏教の歴史の上で有数の著述家で、『唯識義燈増明記』・『唯識分量決』など20余りの著作が残る。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。