スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦国時代の群像』67(全192回) 木沢 長政(?~1542)戦国時代の武将。河内、山城南部の守護代。官位は従五位下左京亮。河内飯盛山城城主

木沢4 『戦国時代の群像』67(全192回) 

木沢 長政(?~1542)戦国時代武将河内山城南部の守護代。官位は従五位下左京亮。河内飯盛山城城主大和信貴山城城主。木沢右近木沢又八郎は一族と思われる。木沢氏畠山氏の被官として名が見える一族である。畠山持国の時代には木沢蓮因なる人物がいたことが知られている。長政の時代において、主家の畠山氏は総州家と尾州家に分かれて対立しており、当初は畠山義就を祖とする畠山総州家の畠山義堯に仕えていた。だが、相克を続ける主家を見限るかのように、次第に独自の行動をするようになっていく。細川氏本家京兆家へ取り入って自らの地位向上に努める中、政敵の排除には一向宗法華宗の宗教対立まで利用する狡猾さを見せた。やがては主家を牛耳るほどの勢力を一代で築き上げ、畿内にその名を轟かせたが増長したため孤立し、最後は三好長慶に敗れ戦死を遂げた。当時、堺公方足利義維を擁して細川氏の管領職争いを優位に進めつつあった細川晴元へ接近。享徳3年(153011月から晴元の命令で京都防衛に務め、晴元の仇敵・細川高国に呼応して京都東山将軍山城から襲来した内藤彦七と交戦した。しかし翌享禄4年(15313月7、高国による摂津侵攻の際には、当初は勢い盛んな高国軍との対峙を危ぶんでか一時的に姿を消す。ところが、6月4の天王寺の戦い(大物崩れ)で高国を破って切腹に追い込んだ晴元ら堺公方派の勝利が確定した頃になると再び姿を現し、高国方の要人である細川尹賢を捕縛し、切腹させている。主君・義堯も晴元の姉妹が正室であった縁にも因るのか、堺公方の義維を支持する一員であった。だが、高国という共通の外敵を滅ぼすと堺公方派の結束にヒビが入りはじめた。原因は晴元にあり、義維派の中心人物でありながら、対立してきた12将軍足利義晴との和睦を図ろうとする晴元の方針に、晴元の有力家臣である三好元長が諫言。義堯も諌止側に回るなど、両者は次第に対立するようになる。そんな中、主家・畠山氏を飛び越えて、晴元への接近を強めんとする長政の姿勢は、これを危険視する義堯と元長の結束を招いてしまう。誅滅を恐れた長政は、三好氏一門の中で元長を敵視する従叔父の三好政長と共謀、讒言によって晴元と元長を離間させることに成功した。義堯と元長からは2度に亘って居城の飯盛山城を攻撃され劣勢であったところを、享禄5年(15326月には晴元の要請により蜂起した一向一揆の来援を得て撃退。窮地を乗り切った(飯盛城の戦い)。しかも、この時の一向一揆の進撃は凄まじく、義堯を自刃させたばかりか、畿内における三好氏の根拠地・和泉顕本寺まで襲って元長も自害に追い込み、堺公方を消滅させている[1]。しかし、一向宗と法華宗の対立を利用して政敵の排除に成功したものの、一向一揆軍はそのまま大和へ転進し、興福寺などの他宗派との衝突や暴動を起こすなど新たな騒乱を巻き起こしてしまう(天文の錯乱)。そのため、将軍義晴の下で管領となった晴元、管領代茨木長隆の命令を受けて、長政はその対応と鎮圧に追われることになる。そこで今度は一向一揆と対立する法華一揆と結び、その力で一向一揆を追討した。一向一揆の勢力を弱めることに成功すると、今度は法華一揆が邪魔になったため、天文5年(1536)にこれを打倒した(天文法華の乱)。その後、本願寺10世法主証如や証如の後見人蓮淳と書簡や進物のやり取りを盛んに行い、一向宗との関係修復に努めた。天文3年(1534)には元長の遺児である三好長慶と晴元の仲介も果たし長慶を晴元の家臣に組み入れた。こうして長政は畿内の実力者の1人として認識されるようになる[2]。このころ、河内守護畠山氏においては、総州家(畠山義就を祖とする)は木沢氏の傀儡となっていたが、一方の尾州家(畠山政長を祖とする)の勢力は健在であった。天文3年当時、尾州家の主は畠山稙長であったが、晴元への対抗として本願寺と同盟したことが発覚すると、長政は尾州家重臣の遊佐長教らと結託して稙長を紀伊に追放した。当初は稙長の弟・畠山長経を傀儡として擁立したが、晴元の干渉もあって長経は廃され、もう1人の弟晴熙が家督代行として長教に擁立されたが、これは一時凌ぎに過ぎず幕府からも認められなかった。やがて長教と交渉を行い天文7年(1538)に畠山弥九郎畠山在氏をそれぞれ尾州家・総州家から擁立し、尾州家と総州家の共同統治という形式を採ることにより、長政は長教と共に畠山氏の実権を握ることになる。背景には一向一揆への脅威に対する備えとして両畠山氏の和睦を考えていた長政の意向があったとされる。その後の長政の野心は、河内1国を支配下に治めただけにはとどまらず、その軍事行動は畿内の各国に及んだ。特に、かつての総州家の版図である大和への執着は根強く、国人衆にとって大きな脅威となった。この時河内と大和の双方に通じる拠点として信貴山城二上山城を築城した[3]。だが、畿内では新たに三好長慶や摂津の有力国人である池田信正(久宗)が台頭するようになっていた。長慶の帰参を取り成したのは長政で、これは法華宗と和睦する際に、法華宗とつながりの深い三好氏の助力を得る必要があったためである。年少ながら晴元政権でしだいに頭角を現していた長慶は、当初は父の仇の1人である晴元と敵対するも和睦、摂津越水城を与えられると畿内に勢力を着実に広げ、長政に押領された父の旧領奪回を狙っていた。こうした外部での情勢変化以上に問題となったのが、畠山家中における主導権を巡る遊佐長教との対立である。旧主の畠山稙長と和睦してまで長政の排斥を目論む長教に対抗すべく、蓮淳の仲介で晴元との関係強化を図ったが失敗する。事情は不明だが先に廃した畠山長経も殺害しており、長政の畠山家中での増長の兆しがこの頃には見えるようになっていた。天文10年(15418月には、旧高国党とみなされた一庫城塩川政年の処遇を巡って晴元や長慶と対立、摂津の有力国人である伊丹親興三宅国を味方につけこれに抵抗した。10月に一庫城への救援に向かい包囲していた長慶と信正を敗走させ、信正の原田城を攻撃、さらに京都へ進軍して将軍義晴を擁立しようと画策するが、肝心の義晴には近江坂本へ逃れられてしまい、晴元も京都郊外の岩倉へ退避、長政は幕府に背いた逆賊となってしまう。しかも、早々に晴元と和睦した政年や国村の離反によって孤立感を深めた。翌11年(1542)には河内高屋城で政変が勃発。木沢派の家臣が粛清され弥九郎が追放、長教との関係を修復した稙長が当主に復帰した。畠山尾州家における支持基盤を失い、総州家の在氏からの支持も得られず、ますます窮地に立たされた長政に従うのは、柳生家厳などかつての総州家の被官を中心とする大和国人衆の一部のみであった。高屋城の再奪取を図るも失敗し、317日に幕府の追討軍と河内太平寺で一戦するも、細川・三好・遊佐連合軍に敗れ討ち死にした(太平寺の戦い)。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。