“日本名僧・高僧伝”6、良弁(ろうべん、りょうべん、持統天皇3年(689年) - 宝亀4年閏11月24日(774年1月10日))は、奈良時代の華厳宗の僧。

良弁“日本名僧・高僧伝”6、良弁(ろうべん、りょうべん、持統天皇3年(689宝亀41124774110))は、奈良時代華厳宗の僧。東大寺開山。通称を金鐘行者といった。持統3年(689年)、相模国柒部氏の出身である。鎌倉生まれと言われ、義淵に師事した[2]。別伝によれば、近江国百済氏の出身で、母親が野良仕事の最中、目を離した隙ににさらわれて、奈良二月堂前の杉の木に引っかかっているのを義淵に助けられ、僧として育てられたと言われる。東大寺の前身に当たる金鐘寺に住み、後に全国を探し歩いた母と30年後、再会したとの伝承もある。しかし現在では別人ではないかとされているなど、史実であるかは定かでない。ただし、幼少より義淵に師事して法相唯識を学んだのは事実である。さらに慈訓について学び、華厳宗の奥義を受ける。東山 (奈良県生駒市)に隠棲し、自ら彫刻した執金剛神像を安置して、日々鍛錬して修行にはげみ、金鐘行者の異名をえたところ、聖武天皇の耳にとまり、羂索院を賜り、これがのちに改名されて金鐘寺となった。天平12年(740)、『華厳経 』の講師として金鐘寺に審祥を招いた。聖武天皇の勅により、天平14年(742)には金鐘寺が大和国分寺に指定。天平17年(745)に律師となる[1]天平勝宝4年(751)には、東大寺大仏建立の功績により東大寺の初代別当となった。天平勝宝8年(756)には鑑真とともに大僧都に任じられる。その後、天平宝字4年(7608月に仏教界の粛正のために、慈訓、法進とともに、僧階(三色十三階制)を改めるよう奏上した。聖武天皇の看病禅師も務めている。近江志賀石山寺の建立に関わったことも『石山寺縁起絵巻』や、『元亨釈書』にくわしい。宝亀4年(773)には、 僧正に任命され、その年の閏1124日没。東大寺開山堂には「良弁僧正坐像」(国宝)が安置されている。伊勢原市大山寺の開基とも言われる。

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント