『戦国時代の群像』59(全192回) 里見 義弘(1530~1578)さとみ よしひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての安房国の大名

 里見8『戦国時代の群像』59(全192回)

里見 義弘(1530~1578)さとみ よしひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての安房国大名里見氏の当主。享禄3年(1530)、安房国の大名・里見義堯の嫡男として誕生。はじめ義舜を名乗った。永禄年間初めに父より実権を譲られて、義舜から義弘へと改名したといわれている。永禄4年(1561)、越後国上杉謙信北条氏康攻めに呼応したり、永禄7年(1564)の第二次国府台合戦北条綱成と戦うなど、父と同様に後北条氏と徹底して対立した。しかし、この第二次国府台合戦で北条軍に大敗して安房国に退却し、更に北条水軍などの攻撃と正木時忠土岐為頼酒井敏房上総国の有力領主の離反によって上総国の大半を喪失してしまう。このため、里見氏の勢力は一時衰退したが、永禄10年(1567)に義弘は三船山の戦いで北条軍を撃破して勢力を挽回し、佐貫城を本拠地として安房国から上総国・下総国にかけて一大領国体制を築き上げ、里見氏の最盛期を誇った。しかし永禄12年(1569)、上杉謙信と北条氏政と間で越相同盟が締結されたことで上杉氏の支援を失い、また下総関宿城が陥落したことなどにより、後北条氏は攻勢を強めていく。そしてついに天正5年(1577)、これまでの態度を一転、後北条氏と和を結んだ(房相一和)。天正6年(1578)、久留里城にて急死した。だが、遺言に弟(庶長子とも)・義頼と嫡男・梅王丸への領土分割を命じた事から、死後に里見氏の分裂を招いた。なお、ともに北条氏と戦った上杉謙信とは奇しくも生没年が等しい。

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR