スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『浪速史跡めぐり』近松門左衛門の墓・大阪は上町台地、谷町筋に面した所に、古き浪速の文豪

ち近松門左衛門lち近松門左衛門墓『浪速史跡めぐり』近松門左衛門の墓・大阪は上町台地、谷町筋に面した所に、古き浪速の文豪、元禄の文楽や浄瑠璃で有名な近松門左衛門(国史跡)のはがある。周りは近代的マンショと近代鉄筋の寺院が並び少し細い路地の中、この墓はこの地の寺院の中にあったが、戦後、谷町筋の拡張に伴い妙法寺(日蓮宗)は移転、大東市に移った。国史跡は動かされずにこの地に残された。近松門左衛門は、竹本座の竹本義太夫と共に語り物の浄瑠璃戯曲者であったが、晩年は座付きの作者として「国性爺合戦」「心中天編島」「曽根崎心中」などの多くの作品を残している。   

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。