「西国観音三十三所巡り」行願寺・“西国19番札所”京都府京都市中京区にある天台宗の寺院。本尊は千手観音

ぎ行願寺2 (1)「西国観音三十三所巡り」行願寺・“西国19番札所”京都府京都市中京区にある天台宗寺院。本尊は千手観音。通称、革堂(こうどう)。西国三十三所第十九番札所である。『百錬抄』、『日本紀略』等によれば、行願寺は寛弘元年(1004)、行円一条小川の一条北辺堂跡に創建したものである。一条北辺堂については、『日本紀略』永祚元年(989年)813日条に「一条北辺堂舎倒壊」とあり、行願寺の創建以前から存在したことが裏づけられる。当初の寺地は現在の京都市上京区、京都御苑の西方で、付近に革堂町、革堂仲之町、革堂西町の町名が残る。行円は仏門に入る前は狩猟を業としていたが、ある時、山で身ごもった雌鹿を射たところ、その腹から子鹿の誕生するのを見、殺生の非を悟って仏門に入ったという。行円はその鹿の皮を常に身につけていたことから、皮聖、皮聖人などと呼ばれ、寺の名も革堂と呼ばれた。行円の生没年は未詳だが、比叡山の横川(よかわ)出身の聖と推定されている。藤原道長の息の藤原顕信は寛弘九年(1012)、行円のもとで剃髪出家している。寺は豊臣秀吉による都市計画のため、天正一八年(1590)に寺町荒神口(現・上京区、京都御苑東側)に移転。宝永五年(1708)の大火の後、寺町荒神口の旧地からやや南に下がった現在地に移転した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR