『西国観音三十三所巡り」六波羅蜜寺”西国一七番札所“京都府京都市東山区にある真言宗智山派

ろ六波羅蜜寺2 (1)ろ六波羅『西国観音三十三所巡り」六波羅蜜寺”西国一七番札所“京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院である。山号は補陀洛山。本尊十一面観音開基(創建)は空也。踊り念仏で知られる市聖空也が平安時代中期の天暦五年(951)に造立した十一面観音を本尊とする道場に由来し、当初西光寺と称した。空也は疫病の蔓延する当時の京都で、この観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救ったという。空也は応和三年(963)に鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行ったが、この時をもって西光寺の創建とする説もある。当時、鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場であった。空也の死後、977比叡山の僧・中信が中興して天台別院とし、六波羅蜜寺と改称した。それ以降天台宗に属したが、桃山時代に真言宗智積院の末寺となった。平安末にはこの付近に、六波羅殿と呼ばれた平清盛平家一門の屋敷が営まれた。またのちに鎌倉幕府によって六波羅探題が置かれたのもこの付近である。名称は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来するが、この地を古来「六原」と称したことに由来するとも考えられている。なお、六波羅密寺とする表記が古今多く見られるが、誤字である。江戸時代までは大伽藍を連ねたが、明治維新廃仏毀釈を受けて大幅に寺域を縮小した。現在、寺の周囲は民家に囲まれて境内は狭く、主な建物は本堂(南北朝時代、重文)と弁財天堂、宝物収蔵庫のみである。本堂は、外陣を板敷きとし、蔀戸で仕切られた内陣を一段低い四半敷き土間とする天台式建築で貞治二年(1363)の再建である。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント