「温故知新」        川村一彦

歴史は語る。

「浪速史跡巡り」西山宗因の句碑「大阪天満宮境内」 所在地:大阪市北区天神橋筋2丁目最寄駅:JR東西線「大阪天満宮前」下車、南へ約100M 西山宗因の句碑は宗因ゆかりの大阪天満宮にいずれも俳号である梅翁名

 に西山宗因 「浪速史跡巡り」西山宗因の句碑「大阪天満宮境内」

所在地:大阪市北区天神橋筋2丁目最寄駅:JR東西線「大阪天満宮前」下車、南へ約100M

西山宗因の句碑は宗因ゆかりの大阪天満宮にいずれも俳号である梅翁名で2基建てられている。
肥後国八代城の家老加藤正方に仕えていた宗因は、1632年(寛永9年)熊本の加藤主家改易に遭い、八代城も没収され家中離散となった。
 宗因は京の本圀寺に隠棲していた主君の正方を追い上京し、主君を慰めながら、連歌師里村家に出入りし、連歌に生きる。1647年(正保4年)里村家の推挙により、大坂天満宮連歌所宗匠となった。
 また、1656年(明暦2年)天満宮の傍らに『向栄庵』(有芳庵ともいわれる)を開くなど、大坂を中心として活躍した。
 1674年(延宝2年)「宗因千句」を出し、『さればここに 談林の木あり 梅の花』と詠じて「談林派」を宣言。連歌・俳諧の革新を目指し、大坂の裕福な商人達の圧倒的な支持を受け、一世を風靡した。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1449)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん