「西国観音三十三所巡り」清水寺・”西国16番札所“京都府京都市東山区清水にある寺院。山号を音羽山。本尊は千手観音

 き清水寺5 (1)「西国観音三十三所巡り」清水寺・”西国16番札所“京都府京都市東山区清水にある寺院。山号を音羽山。本尊は千手観音、開基は延鎮である。清水寺の創建については、『群書類従』所収の藤原明衡撰の『清水寺縁起』、永正17年(1520)制作の『清水寺縁起絵巻』(東京国立博物館蔵)に見えるほか、『今昔物語集』、『扶桑略記』の延暦十七年(798)記などにも清水寺草創伝承が載せられている。これらによれば、草創縁起は大略次の通りである。宝亀九年(778)、大和国興福寺の僧で子島寺 で修行していた賢心(後に延鎮と改名)は、のお告げで北へ向かい、山城国愛宕郡八坂郷の東山、今の清水寺の地である音羽山に至った。金色の水流を見出した賢心がその源をたどっていくと、そこにはこの山に篭って滝行を行い、千手観音を念じ続けている行叡居士という白衣の修行者がいた。年齢二百歳になるという行叡居士は賢心に「私はあなたが来るのを長年待っていた。自分はこれから東国へ旅立つので、後を頼む」と言い残し、去っていった。行叡は観音化身であったと悟った賢心は、行叡が残していった霊木に千手観音像を刻み、行叡の旧庵に安置した。これが清水寺の始まりであるという。もとは法相宗に属したが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗る。西国三十三所観音霊場の第16番札所である。清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の一つである。また、石山寺長谷寺などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地で、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。また、修学旅行で多くの学生が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。清水寺の宗旨は、当初は法相宗で、平安時代中期からは真言宗を兼宗していた。明治時代初期に一時真言宗醍醐派に属するが、明治十八年(1885年)に法相宗に復す。昭和四十年(1965年)に当時の住職大西良慶が北法相宗を立宗して法相宗から独立した。その二年後の宝亀十一年(780)、鹿を捕えようとして音羽山に入り込んだ坂上田村麻呂758 - 811)は、修行中の賢心に出会った。田村麻呂は妻の高子の病気平癒のため、薬になる鹿の生き血を求めてこの山に来たのであるが、延鎮より殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀るために自邸を本堂として寄進したという。後に征夷大将軍となり、東国の蝦夷平定を命じられた田村麻呂は、若武者と老僧は毘沙門天地蔵菩薩の化身の加勢を得て戦いに勝利し、無事に都に帰ることができた。延暦十七年(798)、田村麻呂は延鎮と協力して本堂を大規模に改築し、観音像の脇侍として地蔵菩薩と毘沙門天の像を造り、ともに祀った、という。以上の縁起により、清水寺では行叡を元祖、延鎮を開山、田村麻呂を本願と位置づけている。延暦二十四年(805)には太政官符により坂上田村麻呂が寺地を賜り、弘仁元年(810)には嵯峨天皇の勅許を得て公認の寺院となり、「北観音寺」の寺号を賜ったとされる。『枕草子』は「さわがしきもの」の例として清水観音の縁日を挙げ、『源氏物語』「夕顔」の巻や『今昔物語集』にも清水観音への言及があるなど、平安時代中期には観音霊場として著名であったことがわかる。清水寺の伽藍は康平六年(1063年)の火災以来、近世の寛永六年(1629年)の焼失まで、記録に残るだけで九回の焼失を繰り返している。平安時代以来長らく興福寺の支配下にあったことから、興福寺と延暦寺のいわゆる「南都北嶺」の争いにもたびたび巻き込まれ、永万元年(1165年)には延暦寺の僧兵の乱入によって焼亡している。文明元年(1469)には応仁の乱の兵火によって焼失し、その再建のために時宗僧の勧進聖願阿弥が迎え入れられた。願阿弥は清水寺入寺以前に橋や寺堂の再建、救恤といった事業に従事しており、その際に率いていた勧進集団や要人との人脈をもって再興事業に臨んだ。願阿弥自身は再興の完遂を見届けることなく世を去ったが、願阿弥の率いた勧進集団は寺内に地歩を築き、本願成就院として近世にいたる本願の出発点となった。現在の本堂は上記寛永六年の火災の後、寛永十年(1633)、徳川家光の寄進により再建されたものである。他の諸堂も多くはこの前後に再建されている。豊臣秀吉は清水寺に130石の寺領を安堵し、徳川幕府になってもこの寺領が継承された。の清水寺は「三職六坊」と呼ばれる組織によって維持運営されていた

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント