『歴史の時々変遷』(全361回)115“播磨の土一揆” 「播磨の土一揆」正長2年(1429)播磨国に起こった土一揆。

播磨2『歴史の時変遷』(全361回)115“播磨の土一揆”

「播磨の土一揆」正長2年(1429)播磨国に起こった土一揆。前年京都周辺に史上最初の徳政一揆として知られる。正長の土一揆の影響を受けて播磨国中で起こったもの。しかし、この土一揆単に徳政を要求したものではなく、土民が軍に荘園の代官役人が結合し守護赤松氏の軍兵を攻撃し、守護方軍兵と国外退去を求めるなど、武士諸階級に対する闘争という政治色の強いものであった。一揆は守護軍に大きな打撃を及ぼしたのち、京都より下向した守護赤松満祐の軍勢によって鎮圧されたが、その後の赤松氏による守護領国支配で大きな影響を与えた。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR