スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「河内史跡巡り」常楽寺・河内西国観音二十五番札所・昔大和川支流、郡川の里辺にある観音は霊験

 じ常楽寺河内3 (2)「河内史跡巡り」常楽寺・河内西国観音二十五番札所・昔大和川支流、郡川の里辺にある観音は霊験あらたかで、俗に川辺観音と称し、近郷の人々に崇拝されていました。 この十一面観音は御本尊阿弥陀如来の前立として安置されています。 それからずっと時代が下って、南北朝時代より念佛聖の道場となり、江戸時代元禄二年(一六八九)には本堂が再建されました。のち、秀伝和尚の時、融通念佛宗となり今日に至っています。寺内には、十一面観世音菩薩、木造の釈迦牟尼世尊・文珠普賢大菩薩・十六羅漢像が安置され、融通大念仏縁起・一巻、大きな釈迦涅槃之図(縦二四〇cm、横一六〇cm)一幅、大般若経六百巻などが所蔵されています。激動する歴史の潮流に翻弄され、無住の時代を経て来たため、失われたものも少なくないと聞きます。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。