「神仏霊場巡り」生田神社・神戸市は三宮の中心街に位置する生田神社の後ろの山は生田の森と言って平安時代

い生田神社8「神仏霊場巡り」生田神社・神戸市は三宮の中心街に位置する生田神社の後ろの山は生田の森と言って平安時代には皇族や貴族に親しまれた。祭神の稚日女尊は日本神話では、高天原の斎服殿で神衣を織っていたとき、それを見たスサノオが馬の皮を逆剥ぎにして部屋の中に投げ込んだ。稚日女尊は驚いて機から落ち、持っていた梭(ひ)で身体を傷つけて亡くなった。または天照大神の妹と言う説もある。この社の由来については神功皇后が凱旋から難波に向かっていた際に神功皇后の船が進まなくなって、務古水門に還って占った所、天照大神の神託があって、それに従い稚日女尊が「活田の地に祀られた』に由来する。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント