スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦国時代の群像』35(全192回) 「伊達 稙宗」(1488~1565)だて たねむね)は、陸奥国の戦国大名。伊達氏の第14代当主

伊達4『戦国時代の群像』35(全192回)

「伊達 稙宗」(1488~1565)だて たねむね)は、陸奥国戦国大名伊達氏の第14代当主。長享2年(1488)、第13代当主・伊達尚宗の嫡男として生まれる。慣例により第11代将軍足利義高(のちの義澄)から偏諱の授与を受けて高宗(たかむね、初名)と名乗った。永正11年(1514)、父の死去にともない家督を相続して第14代当主となる。同年、羽州探題最上義定長谷堂城にて破り、妹を義定の室として送り込み、実質的に最上氏を支配下に置く。永正14年(1517)、第10代将軍(11代義澄の将軍廃位後に将軍職に復帰した)足利義稙の上洛祝賀の為として多額の進物を送り、管領細川高国を通じて一字拝領を願い出て許され、偏諱を受けて名を稙宗に改めるとともに、左京大夫に任官された[2]。左京大夫は、元来奥州探題大崎氏が世襲する官位であったが、この官位を伊達氏が獲得したことは、大崎氏に名実共に取って代わったと認めさせたことを示している。稙宗はこのようにして中央との結びつきを家格上昇に利用するとともに、葛西氏岩城氏などと争い、これに婚姻外交を織り交ぜて勢力の急激な拡大に成功した。永正17年(1520)最上義定が嗣子のないまま死去すると、義定未亡人を介して伊達稙宗に影響力を行使されることを嫌った最上の諸将が反旗を翻し、伊達氏と最上氏の対立が起こる。稙宗は破竹の勢いで上山城山形城天童城高擶城(たかだま)を落とすと翌大永元年(1521寒河江を攻める。この時伊達軍は葛西・相馬・岩城・会津宮城国分・最上の軍勢を集結し、高瀬山(現・寒河江市高瀬山)から八幡原(現・寒河江市元町)にかけて陣を敷いた。一か月に及ぶ滞陣の間に伊達氏と寒河江氏の間で和議を結び、戦火を交えず伊達軍は引き上げた。この戦いにより最上郡及び村山郡南部は伊達氏の支配下に入った。大永2年(1522)には室町幕府においては前例のない陸奥守護に補任された。天文元年(1532)に居城を梁川城(現・福島県伊達市)から西山城(現・福島県桑折町)に移すと体制の強化に努め、天文2年(1533)に『蔵方之掟』13条の制定を皮切りに、天文4年(1533)の『棟役日記』、天文7年(1538)の『御段銭帳』などの徴税台帳を作成。天文5年(1536)には171条に及ぶ分国法・『塵芥集』を制定し、伊達氏の統治機構の拡充を図った。また同年には、大崎氏の内乱鎮圧のため、大崎義直の要請に応じ南奥州の諸侯を従えて出動し、その代償として二男・義宣を入嗣させる。この結果、奥州・羽州の両探題職を事実上伊達氏の統制下に置くことに成功した。ところが、三男・実元越後守護上杉定実への入嗣や、婿の相馬顕胤への伊達領割譲などの問題をめぐって長男・晴宗桑折景長中野宗時ら家臣団との対立を次第に深める、天文11年(15426月、ついに鷹狩りの帰途を晴宗に襲撃され、捕えられた稙宗は西山城に幽閉されたが、程なくして小梁川宗朝により救出された。稙宗は奥州諸侯を糾合して晴宗と争う構えを見せたため、奥州全体を巻き込む形で天文の乱が勃発する。この争いは当初稙宗方が優勢だったが、天文16年(1547)に味方であった蘆名盛氏が晴宗に寝返ったことで、一転して戦況が不利に傾き、天文17年(15489月、将軍・足利義輝の仲裁を受けて晴宗に降伏する形で和睦し、家督を晴宗に譲って丸森城隠居することを余儀なくされた。6年に及ぶこの乱の影響で、従属下にあった大崎・葛西・最上・相馬・蘆名の各氏が従属関係を脱した。永禄8年(1565619日、丸森城にて死去。享年78。遺骸は自らが開基となった林寺に葬られた。小梁川宗朝が墓前で殉死している。★歴史の変遷をたどれば時代を制した英雄伝説にも、栄枯盛衰の定理を教える。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。