史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

「二十二社巡り」山城国一ノ宮・賀茂御祖神社・主祭神・玉依姫命・賀茂建角身命 京都府京都市左京区下鴨泉川町

下加茂神社w 「二十二社巡り」山城国一ノ宮・賀茂御祖神社・主祭神・玉依姫命・賀茂建角身命 京都府京都市左京区下鴨泉川町59・式内社・山城国一ノ宮・二十二社・旧官幣大社・ユネスコ「世界遺産」に登録されている。下賀茂神社も上賀茂神社同様賀茂氏の氏神を祀る神社である。

祭神祀る社殿としては、東殿には賀茂皇大神・玉依媛命。西殿には賀茂建角身命が祀られている。

何と言っても京都三大祭りの「葵祭り」で古式豊かな平安絵巻の舞台でもある。上賀茂神社の賀茂別雷命の母が玉依姫命、玉依姫命の父の賀茂建角身命を祀る為、下賀茂神社の社名が「賀茂御祖神社」と呼ばれている。

社伝に依れば神武天皇時代に本社の重義たる御蔭祭りの奉仕される摂社の地に降臨されたとする。

本社は天平年間に賀茂神社(上賀茂神社)から分立したとする説がある。社名が示す通り鎮座の別雷神の母神、外祖父を祀り、代々子孫の賀茂一族が社家として他家を交えず明治の新制度まで引き継いだ。奈良時代より神威は高く、欽明天皇御世山城国をして祭を行しめたと言う。延暦十三年(794)正二位。桓武天皇の親拝があった。平城天皇の御世に勅祭とし正一位に昇格した。『延喜式』に依れば名神大社、月次、相嘗、新嘗など祈願奉幣が有った。

山城一ノ宮として朝野の崇敬厚く、二十二社の内上七社に入り、豊臣秀吉からは五百四十石の朱印を受けた。

境内には末社・摂社が点在し、河合神社・式内社(名神大社)鴨長明所縁の社がある。その他、出雲井於神社。三井神社・賀茂波爾神社・御蔭神社・日吉神社・貴布祢神社などがある。

 また八咫烏は賀茂建角身命の化身と言われ境内には「(ただす)の森」みたらし池がある。

上賀茂・下賀茂神社も成り立ちが同じであるが、天平年間に分離されたと言われ、弘仁元年(810)以来斎院が置かれて、皇女が斎王として賀茂社に置かれた。

★『古事記』に出てくる神として、賀茂建角身命は八咫烏の化身とされ、神武天皇の東征で大和に向かう熊野で危機を救った金鵄八咫烏として崇められている。

賀茂(かも)()()身命(みこと)は日本神話に出てくる神で、山城の賀茂氏(賀茂県主)の祖師である。賀茂御祖神社(下賀茂)の祭神である。『新選姓氏録』に依れば賀茂建角身命は神魂命の孫である。また神武天皇の東征の際天照大神・高木神の命を受けて日向の曾の峰に天下り、大和は葛木山に至り、八咫烏に化身をして神武天皇を先導した。その後『山城風土記』には、大和から葛木山から山代の岡田の賀茂に至り、高野川と鴨川の合流点に鎮まった。賀茂建角身命には二柱の御子神がいる。建玉依比古命は後に賀茂県主になる。建玉依比売命は、丹塗矢に化身した火雷神を床の近くに置いていた所、賀茂別雷命(上賀茂神社の祭神)を妊娠をした。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1425)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん