『河内史跡巡り』玉祖神社・、大阪府八尾市神立にある神社。 八尾市東部・高安地区

た玉祖神社3 (1)『河内史跡巡り』玉祖神社・、大阪府八尾市神立にある神社。 八尾市東部・高安地区(恩智地区を除く旧高安郡13ヶ村)の氏神である。高安大明神ともいう。旧社格は郷社。式内社・郷社記述には玉祖の地名を載せ「多万乃於也」と読み、祭神は玉祖神他十五柱を祀る。710年(和銅三年)、周防国玉祖神社から分霊を勧請したもので、その際、住吉津から上陸し、恩智神社に泊まった後、現在地に祀られたとされている。天明玉命(櫛明玉命)を祭神とする。 現在の社殿は、1725年(享保10年)の再建とされている。源頼朝は高安郷の総社として、社殿造営し神領を寄進した。江戸時代には徳川家康が朱印状を寄せている。かつては神宮寺として「薗光寺竹之坊」が参道の石段下の脇にあったが、明治維新後の神仏分離により廃寺となった。社宝にかつての御神体とされていた木造の男女神坐像があり、1965年(昭和四十年)に大阪府重要美術品に指定されている。また、平安時代の歌人・在原業平が使用していたとされる笛が伝わっている。参道の石段の脇に大きなクスノキが生えている。1949年(昭和二十四年)に大阪府の天然記念物に指定されている。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR