史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

『河内史跡巡り』玉祖神社・、大阪府八尾市神立にある神社。 八尾市東部・高安地区

た玉祖神社3 (1)『河内史跡巡り』玉祖神社・、大阪府八尾市神立にある神社。 八尾市東部・高安地区(恩智地区を除く旧高安郡13ヶ村)の氏神である。高安大明神ともいう。旧社格は郷社。式内社・郷社記述には玉祖の地名を載せ「多万乃於也」と読み、祭神は玉祖神他十五柱を祀る。710年(和銅三年)、周防国玉祖神社から分霊を勧請したもので、その際、住吉津から上陸し、恩智神社に泊まった後、現在地に祀られたとされている。天明玉命(櫛明玉命)を祭神とする。 現在の社殿は、1725年(享保10年)の再建とされている。源頼朝は高安郷の総社として、社殿造営し神領を寄進した。江戸時代には徳川家康が朱印状を寄せている。かつては神宮寺として「薗光寺竹之坊」が参道の石段下の脇にあったが、明治維新後の神仏分離により廃寺となった。社宝にかつての御神体とされていた木造の男女神坐像があり、1965年(昭和四十年)に大阪府重要美術品に指定されている。また、平安時代の歌人・在原業平が使用していたとされる笛が伝わっている。参道の石段の脇に大きなクスノキが生えている。1949年(昭和二十四年)に大阪府の天然記念物に指定されている。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1431)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん