『河内史跡巡り』八尾別院大信寺、真宗大谷派 大阪府八尾市本町にある真宗大谷派の寺院である。同派の別院

 だ大信寺1『河内史跡巡り』八尾別院大信寺、真宗大谷派 大阪府八尾市本町にある真宗大谷派の寺院である。同派の別院 真宗本廟(東本願寺)を本山と仰ぐ。「八尾御坊」とも呼ばれる。石山合戦の講和に端を発する本願寺の内部対立と並行して、河内国渋川郡久宝寺村(久宝寺寺内町)においても講和派の顕証寺(久宝寺御坊)と抗戦派の慈願寺による内部対立が発生した。やがて本願寺が東西に分裂すると、顕証寺は西本願寺派、慈願寺は東本願寺派に属し、関係はさらに悪化した。慈願寺と森本行誓ら十七人の民衆らは、顕証寺と安井氏による久宝寺村の支配に異を唱え、徳川家康に仲裁を願い出たが認められず、慶長十一年(1606年)11月、久宝寺村を出ることとなった。移転先は家康から東本願寺第十二世住職の教如に寄進された若江郡八尾(現在の八尾市中心部)で、古大和川(現在の長瀬川)を挟んで久宝寺村の東にあたる。慶長十二年(1607年)3月、教如によって八尾に大信寺(八尾御坊)が建立され、移転集落は若江郡寺内村と称するようになり、以降、大信寺を中心とする八尾寺内町へ発展していく。万治三年(1660年)に現在地へ移転され、南隣には八尾移転の際に破却された慈願寺が再建された。 最盛期には、大信寺の境内地の規模は約440m四方にもおよび、大信寺直轄の門徒は300戸あったとされる。明治五年(1872年)、東本願寺の別格別院となり、別院大信寺と称するようになった。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR