『河内史跡巡り』壺井八幡宮・羽曳野市にある壺井八幡宮は河内源氏の発祥の氏神である。祭神は源氏の氏神の譽田別尊

つ壺井神社s (2)『河内史跡巡り』壺井八幡宮・羽曳野市にある壺井八幡宮は河内源氏の発祥の氏神である。祭神は源氏の氏神の譽田別尊(応神天皇)仲哀天皇・神功皇后、配神に玉織姫・武内宿祢を祀る。源義家が愛用した武具、美術品を伝わっている。社家の高木氏は河内源氏の八幡太郎義家の五男の子孫と云われている。この辺り一帯は河内源氏の本拠地で寛仁四年(1020)に源頼信が河内国国司に任じられ以降、頼信、頼義、義家の三代に渡り当地に居住したという。康平七年(1064)前九年の役に戦勝し凱旋した源頼義が現在地に社殿を造営した。祭神については石清水八幡から勧請したのが始まりという。この地の地名香呂峰から壺井に改められた。戦国時代には度々戦火に焼失したが柳沢吉保が再建をした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR