史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

『河内史跡巡り』野崎観音 福聚山 「慈眼寺」曹洞宗 本尊十一観世音菩薩

の野崎観音E 

『河内史跡巡り』野崎観音 福聚山 「慈眼寺」曹洞宗 本尊十一観世音菩薩・大東市野崎二丁目 JR 学研都市線野崎駅下車徒歩十分。旧百七十号国道東百M 小高い斜面に大阪平野を見下ろす眺望の良い場所にある。大阪を一望のできる屈指の眺望は古くより、大阪庶民の信仰を集め、特に大阪庶民、商人(大店の旦那衆)の芸者を引き連れ賑やかに「野崎参り」したのは有名である。東海林太郎の歌謡宇の「野崎小唄」(野崎参りは・・・屋形船で参いろか・)落語の「野崎参り」は船で行く人、歩く人の掛け合いで話が進む野崎参りは、大阪から寺の下まで川が流れていたので、船の往来が盛んだった。寺伝によれば、今から千三百年余り前。行基が開山、元は摂津江口に有った寺を(江口の君)長者が摂津から平安時代にこの地に移したという。その後信長の松永秀久攻めで焼失、曹洞宗の禅僧青厳が再建した。元禄時代に平野屋五兵衛が本堂を寄進、この頃より野崎参りが盛んになり、大塩平八郎の乱では茨田群士の仲間をかくまった。近松半二の「お染久松」舞台荷もなりその塚あり、文楽、落語、歌謡と大阪庶民に取って馴染みの深い観音さんである。 (観音さまを、かこつけて、逢いに北やら南やら、お染は思い久松の、あとを慕うて)※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1425)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん