史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

『河内史跡巡り』許摩神社・JR関西線は久宝寺駅北400M延喜式には小社に列せられる由緒ある神社である。許摩神社は三七五社ある官幣小社の一つ、こまと言う名は高麗(こま)から来ている。古代には高句麗系の渡来氏族が古くは巨摩荘と云われるこの辺りに住みつき、自らの祖神を祀った。明治維新の王政復興により神社が復活し式内社に有った許摩神社に変えられた。創建は不明、河内湖が干し上がって肥沃な土地に渡来人が住みついたと思われる。新撰姓氏録には河内国諸藩(渡来系氏族)高麗国溢士福貴王を祖とする犬狛連があり、犬狛連の祖神を祀ったと思われている。その後この辺りには浄土真宗本願寺派の顕証寺が建てれ、大きな寺内町が形成された。神社は戦国時代には消失された。その後「河内名所図」には祭神は渡来人の祖神ではなく、疫病神である牛頭天王を祀る神社となっていた。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

こ許摩神社3 (2)『河内史跡巡り』許摩神社・JR関西線は久宝寺駅北400M延喜式には小社に列せられる由緒ある神社である。許摩神社は三七五社ある官幣小社の一つ、こまと言う名は高麗(こま)から来ている。古代には高句麗系の渡来氏族が古くは巨摩荘と云われるこの辺りに住みつき、自らの祖神を祀った。明治維新の王政復興により神社が復活し式内社に有った許摩神社に変えられた。創建は不明、河内湖が干し上がって肥沃な土地に渡来人が住みついたと思われる。新撰姓氏録には河内国諸藩(渡来系氏族)高麗国溢士福貴王を祖とする犬狛連があり、犬狛連の祖神を祀ったと思われている。その後この辺りには浄土真宗本願寺派の顕証寺が建てれ、大きな寺内町が形成された。神社は戦国時代には消失された。その後「河内名所図」には祭神は渡来人の祖神ではなく、疫病神である牛頭天王を祀る神社となっていた。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1425)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん