「福井古社寺探訪」大安禅寺・福井県福井市にある臨済宗妙心寺派の寺院である。

大安禅寺7
「福井古社寺探訪」大安禅寺・福井県福井市にある臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は萬松山(ばんしょうざん)。福井藩第四代藩主松平光通が大愚宗築を開山として、越前松平家の永代菩提所として万治元年(1658年)[1]に創建した。境内地は天正二年(1574年)に焼失した竜王山 田谷寺の跡地である。北陸観音霊場第10番礼所。大安寺は、もとこの地にあった竜王山田谷寺の跡地に建立された。田谷寺は、伝承によれば、奈良時代に「越の大徳」と言われ、山岳修行僧だった泰澄によって創建されたという。往時は坊舎が四十八坊もあり、門前に市までなしていたが、天正二年(1574年)に織田信長の越前侵攻に伴い、全山が焼失した。80数年の空白の後、万治二年(1658年)に松平光通によって大安寺が創建される。ほぼ全ての建造物が第二次世界大戦や福井地震の影響を受けることなく創建当時のまま残存し、五棟が2008年に国の重要文化財に指定され※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR