スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『歴史歳時記豆知識』51・猿楽(さるがく、猿樂)は、平安時代に成立した日本の伝統芸能。

 

猿楽猿楽8『歴史歳時記豆知識』51・猿楽(さるがく、猿樂)は、平安時代に成立した日本伝統芸能江戸時代までは猿楽と呼ばれ、狂言とともに能楽と総称されるようになったのは明治以降のことである。散楽(さんがく、散樂)、申楽(申樂)とも書く。読み方は「さるごう(さるがう)」とも。演者(狂言含む)は座頭級のものを楽頭、太夫、一般の座員を猿楽師、または単に猿楽とよんだ。猿楽という言葉は散楽の転訛したものである。申楽の表記は世阿弥の伝書で使われる。世阿弥は猿楽の起源を綴った『風姿花伝』「神儀云」[2]で、「上宮太子、末代のため、神楽なりしを、<>といふ文字の片を除けて、旁を残し給ふ。是日暦の<>なるがゆえに<申楽>と名づく。」として、猿楽の文字を嫌っているが、歴史的にはもちろん誤りである。現在能楽と称されている芸能の起源について正確なことはわかってはいないが、7世紀頃に中国大陸より日本に伝わった日本最古の舞台芸能である伎楽や、奈良時代に伝わった散楽に端を発するのではないかと考えられている。散楽は当初、雅楽と共に朝廷の保護下にあったが、やがて民衆の間に広まり、それまでにあった古来の芸能と結びついて、物まねなどを中心とした滑稽な笑いの芸・寸劇に発展していった。それらはやがて猿楽と呼ばれるようになり、現在一般的に知られる能楽の原型がつくられていった。中国大陸から伝わった散楽が猿楽のはじまりと考えられている。散楽の具体的な内容は史料が少ない為にはっきりしていないが、正倉院宝物の「墨絵弾弓」に描かれた「散楽図」などから推測される限りでは、軽業手品物真似曲芸歌舞音曲など様々な芸能が含まれていたものとされる。朝廷は散楽師の養成機関「散樂戸」を設けるなどし、この芸能の保護を図った。延暦元年(782)、桓武天皇の時代に散楽戸は廃止される。朝廷の保護から外れたことにより、散楽師たちは、寺社や街角などでその芸を披露するようになった。そして散楽の芸は、他の芸能と融合していき、それぞれ独自の発展を遂げていった[7]。この散楽が含む雑芸のうち、物真似などの滑稽芸を中心に発展していったのが猿楽と言われる。当初は物真似だけでなく、散楽の流れをくむ軽業や手品、曲芸、呪術まがいの芸など、多岐に渡る芸能を行った。平安時代中期頃より、神道的行事が起源の田楽や、仏教寺院で行われた延年などの芸能も興り、それぞれ発達していった。これらの演者は元々農民僧侶だったが、平安末期頃から専門的に演じる職業集団も成立していった。平安時代の末に藤原明衡が著した『新猿楽記』には、「福広聖の袈裟求め・妙高尼の襁褓乞い」「京童のそらざれ・東人の初京上」のような演目が並んでいる。僧侶が袈裟をなくして探し回る、独身の尼さんに乳児用のオムツが必要になる、口の上手な京童とおのぼりさんの東人の珍妙なやりとり、といった寸劇が演じられ、都の人たちが抱腹絶倒していた様子が伺える[8]。また同史料には、咒師と呼ばれる呪術者たちへの言及が見られることから、咒禁道の影響を受けたを芸能と融合させたものがこの時期に存在しており、それらが翁猿楽へと発展したのではないかとの説もある[9]鎌倉時代には平安時代に成立した初期の猿楽とは異なる芸態の猿楽が出現した。現行のに相当する翁猿楽である。永仁5年(1297)に書かれた『普通唱導集』では、もっぱら翁猿楽について言及しており当時の猿楽が翁猿楽を本芸としていたことを物語っている[10]。翁猿楽は寺社の法会祭礼に取り入れられたため、猿楽は寺社との結びつきを強め、を組織して公演を催す集団も各地に現れた。一部の猿楽の座は、寺社の庇護を得て、その祭礼の際などに芸を披露した。最初は余興的なものとして扱われていたが、寺社の祭礼の中に猿楽が重要な要素として組み込まれるような現象も起き始めた。寺社の由来や神仏と人々の関わり方を解説するために、猿楽の座が寸劇を演じるようなこともあった。これらがやがて、「猿樂の能」となり、公家武家の庇護をも得つつ、能や狂言に発展していったと言われている[11]。座のなかでも、とくに大和猿楽の四座、近江猿楽六座が名高い。もともと猿楽は大和において「七道の者」であった。漂泊の白拍子神子鉢叩猿引きらとともに下層の賤民であり同じ賤民階級の声聞師の配下にあった。室町時代には、鎌倉時代の猿楽が発展し観阿弥や世阿弥らの登場によって現在の能楽とほぼ同等の芸能としての猿楽が形作られる。平安時代には中央的でなかった猿楽であったが、室町時代になると寺社との結びつきを背景に、延年田楽の能(物真似や滑稽芸ではない芸能)を取り入れ、現在の能楽とほぼ同等の芸能として集大成された。猿楽・田楽・延年は、互いに影響を及ぼしあい発展していった。12世紀から13世紀頃同業組合としてが生まれ、寺社の保護を受けるようになる。14世紀になると、代わって武家が田楽を保護するようになり、衣装小道具舞台も豪華なものになっていった。そのような状況の中、大和猿楽の一座である結崎座より観阿弥が現れ、旋律に富んだ白拍子である曲舞などを導入して、従来の猿楽に大きな革新をもたらした。このような革新の背景の一つと考えられているのが、当時行われていた「立ち会い能」と呼ばれる催しである。これは猿楽や田楽の座が互いに芸を競い、勝負を決するというもので、「立ち会い能」で勝ち上がることは座の世俗的な成功に直結していた。観世座における猿楽の革新も、この「立ち会い能」を勝ち上がるためという側面があった。永和元年(1375)、室町幕府の第3将軍足利義満は、京都の今熊野において、観阿弥とその息子の世阿弥による猿楽を鑑賞した。彼らの芸に感銘を受けた義満は、観阿弥・世阿弥親子の結崎座(観世座)を庇護した。この結果、彼らは足利義満という庇護者、そして武家社会という観客を手に入れることとなった。また二条良基をはじめとする京都の公家社会との接点も生まれ、これら上流階級の文化を取り入れることで、彼らは猿楽をさらに洗練していった。その後、第6代将軍足利義教も世阿弥の甥音阿弥を高く評価し、その庇護者となった。こうして歴代の観世大夫たちは、時の権力と結びつきながら、猿楽を発展させ現在の能の原型として完成させた。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。