『浪速史跡めぐり』法善寺横町と水掛不動・歌に小説に大阪南の名所は「法善寺横町と水掛不動」である

 『浪速史跡めぐり』法善寺横町と水掛不動・歌に小説に大阪南の名所は「法善寺横町と水掛不動」である。夫婦善哉で馴染みの細い路地は法善寺に続気、飲食店街が軒を連ね夜ともなれば人の賑わいは、何処からともなく法善寺「水掛不動」願掛け、願を込めて夜のネオンに消えて行く、浪速の風情である。今も夫婦善哉の店といっても、今では善哉(善哉)を出す店は少ない一人前と注文しても二杯分をお客に出す、それは夫婦で一客で一...

『歴史の時々変遷』(全361回)26”長岡京遷都“ 「長岡京遷都」山城国乙訓郡(現在の京都府向日市、長岡京市、京都市西京区)にあった古代日本の都城

 『歴史の時々変遷』(全361回)26”長岡京遷都“「長岡京遷都」山城国乙訓郡(現在の京都府向日市、長岡京市、京都市西京区)にあった古代日本の都城。宮域跡は向日市鶏冠井町に位置し、「長岡宮跡」として国の史跡に指定されている。延暦3年(784)11月11日に平城京から遷都され、延暦13年(794)10月22日に平安京に遷都されるまで機能した。長岡京は桓武天皇の勅命により、平城京から北へ40kmの長岡の地に遷都して造営され...

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)117“足利義満”足利義満(1358~1408)室町幕府三代将軍。応安元年(1368)24年間在職

 『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)117“足利義満”足利義満(1358~1408)室町幕府三代将軍。応安元年(1368)24年間在職。2代将軍足利義詮の子。母は石清水八幡宮社務善法寺通清の女紀良子。政所執事伊勢貞継邸で誕生。康安元年(1361)12月、南軍が入京により、赤松則祐に助けられて播磨白旗城に逃れた。1367年12月、義詮の死によって家督を継ぎ翌1368年4月元服し12月に征夷大将軍に...

「近畿三十六不動巡り」明王院・滋賀県大津市葛川坊村町にある天台宗の寺院。山は北嶺山(安曇山とも)。本尊は千手観音。近畿三十六不動尊二十七番

「近畿三十六不動巡り」明王院・滋賀県大津市葛川坊村町にある天台宗の寺院。山は北嶺山(安曇山とも)。本尊は千手観音。近畿三十六不動尊二十七番。開基(創立者)は相応和尚(そうおうかしょう)である。地名を冠して葛川明王院(かつらがわみょうおういん)と称されることが多く、息障明王院(そくしょうみょうおういん)、葛川息障明王院、葛川寺などとも称される(宗教法人としての名称は「明王院」)。大津市北郊の深い山中...

「二十二社巡り」大和神社・大和盆地は天理市の田園風景に巨大な森に広大な境内地を持つ大和神社は『延喜式』神名

「二十二社巡り」大和神社・大和盆地は天理市の田園風景に巨大な森に広大な境内地を持つ大和神社は『延喜式』神名に大和国山辺郡筆頭に「大和坐大国魂神社三社」と記されている。旧上街道から三百メートルはある参道の奥に、拝殿と本殿が建つ。拝殿は三社あって、中央に日本大国魂大神、向かって右に八千戈大神、左に御年大神が祀られている。日本大国魂大神とは大地主大神とも言い、地鎮祭に際には、この神に祈るのが習わしになっ...

速史跡めぐり』福沢諭吉誕生の地・ 堂島川に架かる玉江橋の北詰めに

『浪速史跡めぐり』福沢諭吉誕生の地・ 堂島川に架かる玉江橋の北詰めに、福沢諭吉の誕生地の碑が建つ、天保5年(1834)中津藩蔵屋敷で生まれた。父百助急死の後、母と兄姉とも中津に帰ったが,兄の薦めで緒方洪庵の適塾に入門し蘭学を学んだ、後に塾頭になり、江戸幕府の海外使節団に随行し慶応義塾を開設した。明治時代を代表する啓蒙思想家として活躍した。また福澤諭吉の碑と共に豊前国中津藩蔵屋敷跡の碑も建って...

『古事記が描く説話の憧憬』全61回(楽しい古事記) 28・天下り説話 タケミカズチ神の国譲りによって、アメノオシホミミ神

『古事記が描く説話の憧憬』全61回(楽しい古事記) 28・天下り説話 タケミカズチ神の国譲りによって、アメノオシホミミ神「今、葦原中国の平定が終わったと報告が有った。委任をしたようにアメノオシホミミ神に葦原中国を統治をしなさい」と命じられた。 指示を受けたアメノオシホミミ神は「自分が天下りをしょうと用意をしている間に子が生まれました。 名はニニギ神と申します。この子に天下りをさせると良いと...

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)116“足利義詮”足利義詮(1330~1367)室町幕府二代将軍。延文三年(1358)九年間在職

 『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)116“足利義詮”足利義詮(1330~1367)室町幕府二代将軍。延文三年(1358)九年間在職。初代鎌倉公方。足利尊氏の三男。母は赤崎登子。新田義貞の鎌倉攻めに合流、建武政権崩壊後、関東を統治した。貞和五年(一三四九)の足利直義と高師直の対立の際に末弟基氏と交替して上洛、幕府の政務を見る。観応の擾乱後、尊氏の鎌倉下向中に西国の政務を代行、正平一統で北朝の光厳...

「西国四十九薬師巡り」久米寺・奈良県橿原市久米町にある真言宗御室派の寺院。山号は霊禅山

「西国四十九薬師巡り」久米寺・奈良県橿原市久米町にある真言宗御室派の寺院。山号は霊禅山。詳しくは霊禅山東塔院久米寺と称する。本尊は薬師如来坐像。開基(創立者)は聖徳太子の弟の来目皇子ともいうが未詳。『扶桑略記』や『今昔物語集』においては久米仙人により創建されたと伝えられる。大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つに数えら...

「二十二社巡り」北野天満宮・京都市上京区にある神社。旧称は北野神社。二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣中社。

 「二十二社巡り」北野天満宮・京都市上京区にある神社。旧称は北野神社。二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣中社。通称として天神さん・北野さんとも呼ばれる。福岡県の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心で、当社から全国各地に勧請が行われている。祭神・主祭神菅原道真公・相殿神・中将殿・吉祥女を祀る。延喜三年(903年)、菅原道真が無実の罪で配流された大宰府で没した後、都では落雷などの災害が相次いだ。こ...