『浪速史跡めぐり』聖天山古墳は阿倍野区の西端、上町台地の南端に位置する小高い丘で、山の北側は公園になっており

『浪速史跡めぐり』聖天山古墳は阿倍野区の西端、上町台地の南端に位置する小高い丘で、山の北側は公園になっており、古墳が残っている。山頂は「天下茶屋の聖天さん」と呼ばれる聖天山 正圓寺の境内である。正圓寺は元禄年中(1690年頃)にこの地に移築再興された寺院であるが、それよりも遡る南北朝の頃、この付近には吉田兼好の庵があったと伝わっている。吉田兼好:1284年?~1350年?(弘安6年~正平5年:その...

『歴史の時々変遷』9”白村江の戦“ 白村江の戦・天智天皇2年(663)百済復興を目指し、倭軍・百済軍が唐・

 『歴史の時々変遷』9”白村江の戦“ 白村江の戦・天智天皇2年(663)百済復興を目指し、倭軍・百済軍が唐・新羅の連合軍と朝鮮半島南西部の錦江河口で交え戦。「白村江」は『日本書紀』には白村江(はくのすきのえ)とも記されている。事の経緯は倭国と友好関係を保っていた百済に対して660年に唐の高宗率いる大軍が新羅の要請に唐軍と新羅軍が合流して攻撃を加え、滅亡させたことにある。百済と友好関係からそ...

『鎌倉・室町の群像伝』八十五”北条高時“ 北条高時(1303~1333)鎌倉幕府十四代執権。正和五年(1316)在職10年間

『鎌倉・室町の群像伝』八十五”北条高時“ 北条高時(1303~1333)鎌倉幕府十四代執権。正和五年(1316)在職10年間、父は北条貞時、母は大室流安達康宗の娘。通称相模太郎。日輪寺殿と称す。1309年元服し、従5位下、左馬権頭となり、小侍所奉行に就任。1311年10月父の死により9歳で執権北条嫡流の家督を継承、最後の得宗となる。1316年16歳で執権就任、翌年に相模守になって正式に幕府の最高指...

「古社寺探訪」建仁寺・京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院。山号を東山(とうざん)と号する

「古社寺探訪」建仁寺・京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山の寺院。山号を東山(とうざん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は源頼家、開山は栄西である。京都五山の第三位に列せられている。俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵などの文化財を豊富に伝える。山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名であり、貴重な古籍や、漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵していることで知られる両足院...

「神仏霊場巡り」」大阪天満宮・大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・

「神仏霊場巡り」」大阪天満宮・大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満の天神さん」と呼ばれ親しまれている。毎年行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に...

『浪速史跡めぐり』定専坊・東淀川区豊里は住宅地の真ん中に定専坊(浄土真宗)があって、重厚な伽藍である

『浪速史跡めぐり』定専坊・東淀川区豊里は住宅地の真ん中に定専坊(浄土真宗)があって、重厚な伽藍である。開山は行基と伝えられ、真言宗は西光寺と言ったが、楠木正勝の孫、掃部助が出家して浄賢を名乗り、浄土真宗に改宗した。石山本願寺の縁の寺でもある。浄土真宗中興の祖の開祖蓮如上人も立寄ったと言う。境内にある鐘楼は石山本願寺に使われていた早鐘と伝えられる。その早鐘の前には楠木一族の墓があるが、中には入れず、...

『古事記が描く説話の憧憬』全61回(楽しい古事記) 11・黄泉の国(死後の世界) 黄泉国(よみ)とは、日本神話における死者の世界

『古事記が描く説話の憧憬』全61回(楽しい古事記) 11・黄泉の国(死後の世界) 黄泉国(よみ)とは、日本神話における死者の世界のこと。古事記では黄泉國(よみのくに、よもつくに)と表記される。黄泉とは、大和言葉の「ヨミ」に、漢語の「黄泉」の字を充てたものである。漢語で「黄泉」は「地下の泉」を意味し、それが転じて地下の死者の世界の意味となった。 語源には以下のような諸説がある。①「夜」説。夜方(...

『鎌倉・室町の群像伝』八十四”欄溪道隆“ 欄溪道隆(1213~1278)鎌倉中期に来日した臨済宗楊岐派の松源派の禅僧。

 『鎌倉・室町の群像伝』八十四”欄溪道隆“ 欄溪道隆(1213~1278)鎌倉中期に来日した臨済宗楊岐派の松源派の禅僧。中国は西蜀四川省の人。号は欄溪、諱は道隆。成都の大慈寺で出家。浙江で無準らに師事し、陽山の無明の下で悟りを開く。天童山で入宋律僧月翁と知り合五、日本では教学仏教が盛んであるが、禅宗ではまだ始まったばかりであった。1246年日本の律僧塩田和尚と同船し、義翁や龍江らの弟子を伴...

「京都古社寺探訪」東福寺・京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。本尊は釈迦如来、開基は、九条道家、開山は円爾である

 「京都古社寺探訪」東福寺・京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。本尊は釈迦如来、開基は、九条道家、開山は円爾である。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えた。この地には延長二年(924年)に藤原忠平によって建てられた藤原氏の氏寺・法性寺の巨大な伽藍があった。嘉禎二年(1236年)、九条道家(摂政)は、この地に高さ五丈(約15メートル)の釈迦像を安置する大寺院を建立する...

「一ノ宮巡り」紀伊国一ノ宮・丹生都比売神社・丹生都比売神かみ 和歌山県伊都かつらぎ町上天野230・式内社・旧官幣大社

「一ノ宮巡り」紀伊国一ノ宮・丹生都比売(にうつひめ)神社(じんじゃ)・丹生都比売(にうつひめ)神(かみ) 和歌山県伊都かつらぎ町上天野230・式内社・旧官幣大社 この神社に訪れて感銘を受けたのは、かつらぎ町はまるで桃源郷のような場所にあることで、紀ノ川から急な道を上り詰めた所に盆地が広がる。そして優美な社殿が迎えてくれる。 全国に一八〇社ある丹生都比売神社の総本社である。 別称天野神社、祭神は丹生...