『浪速史跡めぐり』長寶寺(閻魔さんのゆかりの寺)・JR大和路線は平野下車南へ国道を渡ると平野郷がある。

『浪速史跡めぐり』長寶寺(閻魔さんのゆかりの寺)・JR大和路線は平野下車南へ国道を渡ると平野郷がある。昔ながらの町並に細い道に寺院、神社が点在する。長生院 長寶寺がある。本尊は坂上田村麻呂の守護仏伝えられる。この辺りは坂上田村麻呂の子の広野の領地で、平野の地名も広野から来たと言われ、坂上田村麿に関わりの深い寺である。そう広くは無いが境内には、その由緒は窺える堂塔ばかりで、今も下町の人々の信仰が生づい...

『戦後日本の あの日あの時』191「新産業都市」 ●昭和37年(1962)5月10日、新産業都市建設促進法公布。

『戦後日本の あの日あの時』191「新産業都市」●昭和37年(1962)5月10日、新産業都市建設促進法公布。8月1日施行(道央・八戸など15カ所新産業都市に指定。工業整備特別地域一準新産業都市として鹿島など6カ所を指定)新産業都市建設推進法によって指定された工業開発都市。政府は第一次全国総合開発計画に基づき、工場と人口の分散を目的として、重化学工業地域を中心に地域開発を計画、道央、八戸、仙台湾、...

「西国観音三十三所巡り」一乗寺”西国二十六番札所“兵庫県加西市にある天台宗の寺院。山号は法華山、本尊は聖観音菩薩

「西国観音三十三所巡り」一乗寺”西国二十六番札所“兵庫県加西市にある天台宗の寺院。山号は法華山、本尊は聖観音菩薩である。寺伝では孝徳天皇の勅願で650年に創建、開基は法道仙人とされる。 国宝に指定されている三重塔(1171年建立)は平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、日本国内屈指の古塔である。 境内は山深く、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている。一乗寺の開基とされる法道仙人は、天竺(インド)から...

『鎌倉・室町の群像伝』五十五”湛慶“ 湛慶(1117-1256) 鎌倉時代の慶派仏師。運慶のもうけた男子、次男康運、三男康弁、四男康勝

『鎌倉・室町の群像伝』五十五”湛慶“湛慶(1117-1256) 鎌倉時代の慶派仏師。運慶のもうけた男子、次男康運、三男康弁、四男康勝など皆、仏師になったが、なかでも嫡男の湛慶は、運慶、快慶とならぶ大家として知られる。ほぼ60年の長期に渡って活躍しているが、その活動はおよそ3つの期間に分けられる。第1期は貞応2年(1223)、快慶と共に醍醐寺閻魔堂の造仏をした頃までで、この年は運慶の没年にも当たる。この時期は、父...

「神仏霊場巡り」多賀大社・滋賀県犬上郡多賀町多賀にある神社である。祭神は 伊邪那岐命・伊邪那美命の二柱

「神仏霊場巡り」多賀大社・滋賀県犬上郡多賀町多賀にある神社である。祭神は 伊邪那岐命・伊邪那美命の二柱を祀り、古くから「お多賀さん」として親しまれた。 また、神仏習合の中世期には「多賀大明神」として信仰を集めた。式内社で、旧社格は官幣大社。当社にはお守りとしてしゃもじを授ける「お多賀杓子(おたがじゃくし)」という慣わしがあるが、これは「お玉杓子」や「オタマジャクシ」の名の由来とされている。和銅五年(...

『鎌倉・室町の群像伝』五十四”慈円“ 慈円(1155~1225)平安末から鎌倉初期の僧侶。諡号慈鎮。関白藤原忠通の男、

『鎌倉・室町の群像伝』五十四”慈円“慈円(1155~1225)平安末から鎌倉初期の僧侶。諡号慈鎮。関白藤原忠通の男、同母兄に九条兼実がいる。1165年青蓮院の覚快親王の室に入り、1167年に出家し、道快を名乗る。僧としての昇進は1178年法性寺座主、翌年無動寺検校を経て、関白九条兼実在職時の1192年天台座主・権僧正となり頂上を極めたが、1196年の政変(兼実の関白・氏長者罷免)により座主を辞任した...

「浪速史跡巡り」大国主神社・所在地:大阪市浪速区敷津西1丁目 最寄駅:地下鉄御堂筋線「大国町」

「浪速史跡巡り」大国主神社・所在地:大阪市浪速区敷津西1丁目最寄駅:地下鉄御堂筋線「大国町」下車、②号出口上がるすぐ・当神社の縁起は、社伝によれば、神功皇后が三韓出兵の帰りに立ち寄り、この地に松を三本植えて、そこに素戔嗚尊を祀り、渡航安全を祈願したのが始まりとし、この松の木にちなみ「松本宮」と称したという。 中世以降は牛頭、天王社、祇園社などの名が残り、明治初年の神仏分離令により「八坂神社」と改称さ...

『戦後日本の あの日あの時』190「江田にビジョン」 昭和37年(1962)7月27日、社会党書記長江田三郎、党全国オルグ会議で「江田ビジョン」を発表

『戦後日本の あの日あの時』190「江田にビジョン」昭和37年(1962)7月27日、社会党書記長江田三郎、党全国オルグ会議で「江田ビジョン」を発表.(米の高い生活水準・ソ連の徹底した社会保証・英の議会民主主義・日本の平和憲法の4つの基盤にした新しい社会主義のイメージを打ち出す。)1946年に日本に引き揚げ、日本社会党に入党。左派の活動家として頭角を現す。1950年に参議院議員に初当選し、1951年の左右分裂...

「西国観音三十三所巡り」宝厳寺”西国33番札所“・滋賀県長浜市の竹生島にある真言宗豊山派の寺院。

「西国観音三十三所巡り」宝厳寺”西国33番札所“・滋賀県長浜市の竹生島にある真言宗豊山派の寺院。山号を巌金山(がんこんさん)と称する。本尊は弁才天(観音堂本尊は千手観音)、開基は行基とされる。西国三十三所観音霊場の第三十番札所である。観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地でもあり、日本三大弁才天の1つにも数えられている。琵琶湖の北端近くに浮かぶ竹生島に位置する。竹生島は周囲2キロメートル、面積0.14平...

「神仏霊場巡り」水無瀬神宮・大阪府三島郡島本町にある神宮。旧社格は官幣大社。旧称は水無瀨宮。祭神は後鳥羽天皇・土御門天皇・順徳天皇を祀る

少し大きい文字「神仏霊場巡り」水無瀬神宮・大阪府三島郡島本町にある神宮。旧社格は官幣大社。旧称は水無瀨宮。祭神は後鳥羽天皇・土御門天皇・順徳天皇を祀る。創建は後鳥羽天皇の離宮水無瀬殿の跡に建立された。承久の乱で隠岐に流されそこで崩御した後鳥羽上皇の遺勅に基づき、仁治元年(1240年)、水無瀬信成・親成親子が離宮の旧跡に御影堂を建立し、上皇を祀ったことに始まる。明応3年(1494年)、後土御門天皇が隠岐より...