「近畿三十六不動巡り」七宝瀧寺・大阪府泉佐野市の犬鳴山の山中にある真言宗犬鳴派の寺院

い犬鳴き山い 

「近畿三十六不動巡り」七宝瀧寺大阪府泉佐野市犬鳴山の山中にある真言宗犬鳴派の寺院。山号は犬鳴山(いぬなきさん)。本尊は倶利伽羅不動明王。 661役小角によって大峰山山上ヶ岳の6年前に開山したと伝わり、元山上と呼ばれている。古くは犬鳴山を含む和泉山系全体を「葛城」と呼び、その中でも犬鳴山は西の行場、東の行場を持つ葛城二十八宿修験道の根本道場である。「宇多天皇の御代、紀州の猟師がこの山域で狩りをしていた際、突然連れていた犬が激しく鳴きだし、結果猟師が射ようとしていた鹿が逃げてしまった。怒った猟師は犬の首をはねたのだが、その首はそれでも飛び跳ね、今まさに猟師に襲いかかろうと狙っていた大蛇に噛み付いた。犬は、主人が大蛇に狙われていることを知って鳴いていたのであった。愛犬に救われたと気付いた猟師は、これを悔いて七宝瀧寺の僧となって愛犬を供養した。 このことを聞いた天皇は、いたく感動し、七宝瀧寺に『山号を「いぬなきさん」と改めよ』と勅号を賜った」と伝えられている。(義犬伝説)本尊から数分歩くと滝の前に出る。行者の滝である。 飛鳥時代661年(斉明天皇七)開山の役行者が集合した場所のひとつと伝わっている。 山中には他にも6つ、合計7つの滝があり、平安時代初期に大干ばつに見舞われたときに雨乞いを祈願して雨が降り、それを知った淳和天皇(じゅんなてんのう)が「七宝瀧寺」と名付けたという。近世初頭の「口上覚」によると、毎年5月に高野山から葛城巡行する先達たちは、犬鳴山に7日間留まり柴焼護摩を修したといい、「葛城山中で七日間も逗留するのはここだけだ」と述べられており、いかにこの山の地位が高かったかをうかがわせるものとなっている。南北朝期に六坊が創建され、室町期には二十坊の坊舎を有し、本堂の修復も行われて隆盛を迎えた。しかし豊臣秀吉根来攻めによって本堂以外の堂舎を焼き払われ、田畑山林も没収され、一時は廃絶同然となった。のち岸和田城主より寺領五石の寄進を受け、ほぼ今日見られるまでに復興したものである。★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

スポンサーサイト

「近畿三十六不動巡り」根来寺・和歌山県岩出市にある新義真言宗総本山の寺院。本尊は大日如来、開山は覚鑁(興教大師)である。

根来寺9
「近畿三十六不動巡り」根来寺・和歌山県岩出市にある新義真言宗総本山の寺院。本尊は大日如来、開山は覚鑁(興教大師)である。平安時代後期の高野山の僧で空海以来の学僧といわれた覚鑁が大治五年(1130年)に高野山内に一堂を建て、伝法院と称したことに始まる。鳥羽上皇は覚鑁に帰依し、荘園を寄進するなど手厚く保護した。二年後の長承元年(1132年)、覚鑁は鳥羽上皇の院宣を得て、高野山に大伝法院と密厳院を建立した。さらに二年後の長承三年(1134年)、覚鑁は金剛峯寺座主に就任し、高野山全体を統轄する強大な勢力をもつに至る。覚鑁は当時堕落していた高野山の信仰を建て直し、宗祖・空海の教義を復興しようと努めたが、高野山内の衆徒はこれに反発し、覚鑁一門と反対派は対立しあうようになった。保延六年(1140年)には、覚鑁の住房・密厳院を含む覚鑁一門の寺院が高野山内の反対勢力により焼き討ちされた。覚鑁一門は高野山を下りて、大伝法院の本拠地は高野山から根来に移った。室町時代末期の最盛期には坊舎四五〇を数え一大宗教都市を形成し、寺領七二万石を数え、根来衆とよばれる僧衆(僧兵)一万余の一大軍事集団を擁した。織田信長とは石山合戦に協力するなど友好関係を築いたが、その後秀吉に不信を招き信長没後、秀吉の雑賀攻めを招くこととなった。雑賀荘の鉄砲隊とともに秀吉方に抵抗するが各地で敗れ、以後根来寺は次第に衰退をしていった。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

「近畿三十六不動巡り」聖護院・京都府京都市左京区聖護院中町にある本山修験宗総本山の寺院。聖護院門跡とも称する

せ聖護院l
「近畿三十六不動巡り」聖護院・京都府京都市左京区聖護院中町にある本山修験宗総本山の寺院。聖護院門跡とも称する。山号はなし。開基は増誉、本尊は不動明王である。日本の修験道における本山派の中心寺院であると共に全国の霞を統括する総本山である。明治五年(1872年)の修験道廃止令発布後、一時天台寺門宗に属したが、昭和二十一年(1946年)修験宗(のち本山修験宗)として再び独立して現在に至る[1]。天台宗に属した後も聖護院の格は大本山であった。静恵法親王(後白河天皇の子)が宮門跡として入寺して以降、 代々法親王[2]が入寺する門跡寺院として高い格式を誇った。明治まで三十七代を数える門主のうち、二十五代は皇室より、十二代は摂家より門跡となった。江戸時代後期には2度仮皇居となるなど、皇室と深い関わりを持ち、現在も「聖護院旧仮皇居」として国の史跡に指定されている。宮門跡でもあり寺社勢力でもあった。11世紀の末に現在の場所に建てられた後、4度の火災により市内を点々とし、延宝四年(1676年)に、現在の場所に戻った。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

「近畿三十六不動巡り」如意輪寺・(吉野は金峯山寺へ行く手前に寺はあります、。)奈良県吉野郡吉野町にある浄土宗の寺である。

如意臨時
「近畿三十六不動巡り」如意輪寺・(吉野は金峯山寺へ行く手前に寺はあります、交通の便が悪いので車で行きました。)奈良県吉野郡吉野町にある浄土宗の寺である。山号は塔尾山。本尊は如意輪観音。本堂の背後には、吉野の地で崩御した後醍醐天皇の陵・塔尾陵、世泰親王墓がある。平安時代の延喜年間(901年 - 922年)に日蔵上人により開かれたと伝わる。南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に行宮を定めた際に勅願所とされたが、天皇は還京叶わぬまま崩御して本堂裏山に葬られた。以来寺運は衰えたが、慶安三年(1650年)文誉鉄牛上人によって本堂が再興され、その際に真言宗から浄土宗に改宗した。正平二年(1346年)楠木正成の長男・楠木正行が四條畷の戦いに出陣するに際し、一族郎党とともに当寺にある後醍醐天皇陵に詣で、辞世の歌「かへらじとかねて思へば梓弓なき数に入る名をぞとどむる」を詠んだという。正行は当寺本堂の扉に鏃(矢じり)で辞世の句を刻んだとされ、その扉とされるものが今も寺に伝わる。芭蕉は、ここに立ち寄った折、「御廟年を経てしのぶは何をしのぶ草」などの句を残している。金峯山寺、吉水神社などがある吉野山からは谷ひとつ挟んで離れた山の中腹に位置する。山門を入ると正面に寄棟造檜皮葺きの如意輪堂(本堂)があり、左方に庫裏、宝物殿、一段高いところに多宝塔がある。

「京都古社寺探訪」実相院・京都市左京区岩倉にある仏教寺院。宗派は単立(元天台宗寺門派)、開基は、静基、本尊は不動明王(鎌倉時代作の木像)。門跡寺院の1つである。

実相院5

「京都古社寺探訪」実相院・京都市左京区岩倉にある仏教寺院。宗派は単立(元天台宗寺門派)、開基は、静基、本尊は不動明王(鎌倉時代作の木像)。門跡寺院の1つである。岩倉実相院門跡とも呼ばれる。鎌倉時代の寛喜元年(1229年)、静基僧正により開基された。当初は現在の京都市北区紫野にあったが、応仁の乱を逃れるため現在地に移転したとされる。室町時代末期までに多くの伽藍等が戦火で焼失し、江戸時代初期に足利義昭の孫義尋が入寺。母古市胤子が後陽成天皇の後宮となった関係で皇室と将軍徳川家光より援助を受けて実相院を再建した。門跡寺院であり、代々の住職は天皇家と繋がりのある人物が務めた。本堂は東山天皇の中宮、承秋門院の女院御所を移築したものであり、四脚門・車寄せも御所より移築されたものである。老朽化が進み主な建物は多数のつっかい棒が施されてようやく倒壊を免れているのが現状であり、修理のための資金集めが課題となっている。幕末には岩倉具視も一時ここに住んでおり、当時の密談の記録などが残されている。庭園は池泉回遊式庭園と枯山水の石庭の2つがある。前者の池にはモリアオガエルが生息している。新緑、紅葉の頃とも見所となっており、特に部屋の黒い床に木々が反射する光景は「床緑」「床紅葉」と呼ばれ知られている。

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR