「西国観音三十三所巡り」青岸渡寺”西国1番札所“和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺院。西国三十三所第一番札所。

「西国観音三十三所巡り」青岸渡寺”西国1番札所“和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺院。西国三十三所第一番札所。山号は那智山。本尊は如意輪観世音菩薩。本堂および宝篋印塔は国の重要文化財。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年平成十六年七月登録)の一部。熊野三山の信仰が都の皇族・貴族に広まったのは平安時代中期以降であり、青岸渡寺および隣接する熊野那智大社についても創建の時期等につい...

「西国観音三十三所巡り」粉河寺“西国3番札所”・天台宗系の粉河観音宗総本山の粉河寺は西国観音三番札所、本尊は千所観音菩薩

「西国観音三十三所巡り」粉河寺“西国3番札所”・天台宗系の粉河観音宗総本山の粉河寺は西国観音三番札所、本尊は千所観音菩薩。伝承によれば宝亀元年(770)大伴孔子古によるとされている。「粉河縁起」には二つの説があって一つ目は千手観音の由来する紀伊国の猟師・大伴孔子古は宝亀元年山中に不思議な光を発する場所を見つけて、そこに小さな庵を結んだ。それが粉河寺の始まりと云う説とある日、孔子古の家に一人の童子(童...

「西国観音三十三所巡り」頂法寺”(六角堂)西国一八番札所“京都市中京区にある天台宗系単立の仏教寺院

少し大きい文字「西国観音三十三所巡り」頂法寺”(六角堂)西国一八番札所“京都市中京区にある天台宗系単立の仏教寺院。山号は紫雲山。本尊は如意輪観音。正式の寺号は頂法寺であるが、本堂が平面六角形であることから、一般には「六角堂」の通称で知られる。華道、池坊の発祥の地としても知られる。頂法寺の創建縁起は醍醐寺本『諸寺縁起集』、『伊呂波字類抄』に見え、寺所蔵の『六角堂頂法寺縁起』や近世刊行の『洛陽六角堂略縁...

「西国観音三十三所巡り」長命寺・滋賀県近江八幡市にある寺院。山号は姨綺耶山。西国三十三所第三十一番札所。天台宗系単立。

「西国観音三十三所巡り」長命寺・滋賀県近江八幡市にある寺院。山号は姨綺耶山。西国三十三所第三十一番札所。天台宗系単立。聖徳太子の開基と伝える。琵琶湖畔にそびえる長命寺山の山腹に位置し、麓から本堂に至る八〇〇段余の長い階段で知られる。伝承によれば、第十二代景行天皇の時代に、武内宿禰がこの地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願した。このため宿禰は三百歳の長命を保ったと伝えられる。その後、聖徳...

「西国観音三十三所巡り」善峯寺・“京都府京都市西京区大原野にある寺院。山号は西山。西国三十三所第二十番札所。善

「西国観音三十三所巡り」善峯寺・“京都府京都市西京区大原野にある寺院。山号は西山。西国三十三所第二十番札所。善峰観音宗。桜や紅葉の名所になっているとともに境内各所から京都市街、比叡山を一望できる。寺に伝わる『善峯寺縁起絵巻』(江戸時代)等によれば、長元二年(1029年)、源信の弟子にあたる源算が創建したという。その後、長元七年(1034年)には後一条天皇から「良峯寺」の寺号を賜った。鎌倉時代初期には慈円が...