スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「西国観音三十三所巡り」青岸渡寺”西国1番札所“和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺院。西国三十三所第一番札所。

seiganntoji (2)

「西国観音三十三所巡り」青岸渡寺”西国1番札所“和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある天台宗の寺院。西国三十三所第一番札所。山号は那智山。本尊は如意輪観世音菩薩。本堂および宝篋印塔は国の重要文化財。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年平成十六年七月登録)の一部。熊野三山の信仰が都の皇族・貴族に広まったのは平安時代中期以降であり、青岸渡寺および隣接する熊野那智大社についても創建の時期等については判然としない。伝承では仁徳天皇の時代(四世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したという。後に推古天皇の勅願寺となり、六世紀末 – 七世紀初に生仏聖(しょうぶつひじり)が伽藍を建立し、丈六の本尊を安置して、その胎内に裸形上人感得の如意輪観音を納めたという。以上はあくまでも伝承であるが、那智滝を中心とする自然信仰の場として早くから開けていたと思われる。中世から近世にかけて、隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場であり、如意輪堂と称されたその堂舎は、那智執行に代表される社家や那智一山の造営・修造を担う本願などの拠点であった。明治時代に神仏習合が廃されたとき、熊野三山の他の二つ、熊野本宮大社、熊野速玉大社では仏堂は全て廃されたが、熊野那智大社では如意輪堂が破却を免れ、のちに信者の手で青岸渡寺として復興した。寺号は秀吉が大政所の菩提を弔うために建てた高野山の青巌寺に由来すると言われる。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
スポンサーサイト

「西国観音三十三所巡り」粉河寺“西国3番札所”・天台宗系の粉河観音宗総本山の粉河寺は西国観音三番札所、本尊は千所観音菩薩

こ粉河寺1
「西国観音三十三所巡り」粉河寺“西国3番札所”・天台宗系の粉河観音宗総本山の粉河寺は西国観音三番札所、本尊は千所観音菩薩。伝承によれば宝亀元年(770)大伴孔子古によるとされている。「粉河縁起」には二つの説があって一つ目は千手観音の由来する紀伊国の猟師・大伴孔子古は宝亀元年山中に不思議な光を発する場所を見つけて、そこに小さな庵を結んだ。それが粉河寺の始まりと云う説とある日、孔子古の家に一人の童子(童男行者)が訪ねてきて、今晩泊めてくれと言う。童子は宿を借りたお礼にと言って、七日かけて千手観音菩薩を刻んだ。八日目に孔子古が見てみると童子の姿はなく、金色の千手観音の像だけがあった。孔子古は猟師の仕事を辞め殺生をやめて観音を信仰するようになった。二つ目は千手観音の霊験説話で、河内国の長者左大夫の娘は重い病で明日をも知れない命、そこの現れた童行者が千手千眼陀羅尼を称えて祈祷した所、娘の病は全快した。喜んだ長者がお礼にと差し出した財宝に童行者は受け取らず、娘の小太刀の紐だけ受け取り「私は紀伊国那賀郡に居ります」言って立ち去った。長者が那賀郡に尋ね小さな庵に千手観音像と娘の小太刀の紐だけが残され、長者は観音の化身と知ってその場で出家し、孔子古と共に粉河寺を祀り繁栄をさせた。この説話に拠ってか平安時代には朝廷や貴族の信仰の加護で大いに栄えたという。天正時代には豊臣秀吉の根来攻めで、あおりを受けて全山伽藍の全てが焼失した。その後江戸時代になって再建された。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。


「西国観音三十三所巡り」頂法寺”(六角堂)西国一八番札所“京都市中京区にある天台宗系単立の仏教寺院

ろ六角堂あ
少し大きい文字「西国観音三十三所巡り」頂法寺”(六角堂)西国一八番札所“京都市中京区にある天台宗系単立の仏教寺院。山号は紫雲山。本尊は如意輪観音。正式の寺号は頂法寺であるが、本堂が平面六角形であることから、一般には「六角堂」の通称で知られる。華道、池坊の発祥の地としても知られる。頂法寺の創建縁起は醍醐寺本『諸寺縁起集』、『伊呂波字類抄』に見え、寺所蔵の『六角堂頂法寺縁起』や近世刊行の『洛陽六角堂略縁起』などにも見える。これらの縁起が伝える創建伝承は大略以下のとおりである。敏達天皇の時代、淡路国岩屋浦に閻浮檀金(えんぶだんごん、黄金の意)の如意輪観音像が漂着した。この像は、聖徳太子が前世に唐土にあって仏道修行していた時に信仰していた像であり、太子はこの観音像を念持仏とした。これが後の頂法寺本尊である。太子は16歳のとき、排仏派の物部守屋討伐にあたって、護持仏に「無事討伐できたならば、仏の功徳に感謝して四天王寺を建立いたします」と戦勝祈願したところ勝利した。そして、寺建立のための用材を求め、小野妹子とともにこの地を訪れた。その際、太子は池で水浴をするため、傍らの木の枝の間に持仏の如意輪観音像を置いておいたところ、像は重くなり動かなくなってしまった。観音像は光明を発し、自分は七生にわたって太子を守護してきたが、今後はこの地にとどまり衆生を済度したいと告げた。そこで太子は、四神相応のこの地に伽藍を建てることとした。東からやってきた老翁(鎮守神の唐崎明神)が、紫雲たなびく杉の霊木のありかを教えてくれたので、その材を用いて六角形の堂を建立したのがこの寺の始まりである。『元亨釈書』によれば、平安京造営の際、六角堂が建設予定の街路の中央にあたり邪魔なため取り壊されそうになったが、その時黒雲が現れ、堂は自ら北方へ約5丈(約15メートル)動いたという。以上のように六角堂の創建は縁起類では飛鳥時代とされているが、実際の創建は10世紀後半頃と推定されている。六角堂が史料に現れるのは11世紀初めからである。藤原道長の日記『御堂関白記』寛仁元年(1017年)に、「六角小路」という地名が見えるのが早い例である。鎌倉時代初期の建仁元年(1201年)、叡山の堂僧であった29歳の範宴(のちの親鸞)が、この六角堂に百日間参籠し、95日目の暁の夢中に聖徳太子の四句の偈文を得て、浄土宗の宗祖とされる法然の専修念仏に帰依したとされる。下京に危機がせまると、この寺の早鐘が鳴らされたりもしている。また、京都に乱入する土一揆や天文法華の乱などでは出陣する軍勢の集合場所となったり、あるいは下京町組代表の集会所になったりしている。天治二年(1125年)の火災をはじめ、江戸時代末までの間に確認できるだけで18回の災害にあったが、庶民の信仰を集める寺であり、また町組の中核となる寺としてその都度復興されてきた。現在の本堂は、明治十年(1877年)に再建されたものである。
※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

「西国観音三十三所巡り」長命寺・滋賀県近江八幡市にある寺院。山号は姨綺耶山。西国三十三所第三十一番札所。天台宗系単立。

ち長命寺T

「西国観音三十三所巡り」長命寺・滋賀県近江八幡市にある寺院。山号は姨綺耶山。西国三十三所第三十一番札所。天台宗系単立。聖徳太子の開基と伝える。琵琶湖畔にそびえる長命寺山の山腹に位置し、麓から本堂に至る八〇〇段余の長い階段で知られる。伝承によれば、第十二代景行天皇の時代に、武内宿禰がこの地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願した。このため宿禰は三百歳の長命を保ったと伝えられる。その後、聖徳太子がこの地に赴いた際、宿禰が祈願した際に彫った文字を発見したという。これに感銘を受けてながめていると白髪の老人が現れ、その木で仏像を彫りこの地に安置するよう告げた。太子は早速、十一面観音を彫りこの地に安置した。太子は宿禰の長寿にあやかり、当寺を長命寺と名付けたと伝えられている。その名の通り、参拝すると長生きすると言い伝えられている。実際の創建年次や創建の事情については未詳であり、確実な史料における長命寺の初見は、承保元年(1074年)「奥島庄司土師宿禰助正解文」という文書である。長命寺には中世以降の文書が豊富に残されている。それによると、中世の長命寺は比叡山(延暦寺)西塔の別院としての地位を保ち、近江守護佐々木氏の崇敬と庇護を受けて栄えていた。しかし、永正十三年(1516年)、佐々木氏と伊庭氏の対立による兵火により伽藍は全焼。現存する堂宇は室町時代から近世初期にかけて再建されたものである。長命寺山の麓の船着場は安土への水路(長命寺川)の入口にもあたり、交通の要衝でもあった。長命寺本堂へは、湖岸から「八百八段」と呼ばれる石段の参道があり、登りには約二十分を要するが、現在は本堂近くまで自動車道も整備されている。石段下の右には穀屋寺、左には日吉神社がある。穀屋寺は、かつて寺領から上がる米を納めたところである。石段途中に冠木門があるのみで、山門はない。石段の途中左手に妙覚院と真静院、さらに上ると右手に禅林院、金乗院があるが、元禄五年(1692年)の記録によると、当時は上述の四か院を含め十九の子院が存在した[2]。石段を登りきったところが本堂の縁下である。南に面した境内には本堂のほか、右方に三重塔と護摩堂、左方に三仏堂、護法権現社、鐘楼、やや離れて太郎坊権現社がある。主要堂宇は屋根を瓦葺きでなく檜皮葺きまたはこけら葺きとしており、独特の境内風景を形成している。本堂裏の「六所権現影向石」をはじめ、境内各所に巨岩が露出しており、かつての巨石信仰の名残と考えられている。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる

「西国観音三十三所巡り」善峯寺・“京都府京都市西京区大原野にある寺院。山号は西山。西国三十三所第二十番札所。善

義実ね

「西国観音三十三所巡り」善峯寺・“京都府京都市西京区大原野にある寺院。山号は西山。西国三十三所第二十番札所。善峰観音宗。桜や紅葉の名所になっているとともに境内各所から京都市街、比叡山を一望できる。寺に伝わる『善峯寺縁起絵巻』(江戸時代)等によれば、長元二年(1029年)、源信の弟子にあたる源算が創建したという。その後、長元七年(1034年)には後一条天皇から「良峯寺」の寺号を賜った。鎌倉時代初期には慈円が住したことがあり、このころ後鳥羽上皇直筆の寺額を賜ったことによって寺号が善峯寺と改められた。青蓮院から多くの法親王が入山したため「西山門跡」と呼ばれた。応仁の乱に巻き込まれて伽藍が消失したのち、江戸時代になってから桂昌院の寄進によって再興された。境内は京都市域の西南端近く、釈迦岳の支峰の善峯に位置し、山腹一帯に多くの堂宇が建つ。バス停留所から山道を数分登ったところに山門が東向きに建ち、石段を上った正面に観音堂(本堂)が建つ。山門、観音堂は元禄五年(1692年)、山内最古の建物である多宝塔は元和七年(1621年)の建立。他の諸堂宇も大部分は江戸時代、桂昌院の援助で整備されたものである。観音堂の左手には寺宝館文殊堂が建つ。観音堂右手の石段を上った一画には鐘楼、護摩堂、経堂、多宝塔(重要文化財)、開山堂、遊龍の松(天然記念物)、桂昌院廟、十三仏堂などがある。そこからさらに上ったところに釈迦堂、阿弥陀堂があり、境内のもっとも奥には薬師堂(奥の院)、青蓮院宮廟などがある。
※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。