スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京都古社寺探訪」興聖寺・京都府宇治市にある曹洞宗の寺院。日本曹洞宗最初の寺院で僧堂がある

こ興聖寺4「京都古社寺探訪」興聖寺・京都府宇治市にある曹洞宗の寺院。日本曹洞宗最初の寺院僧堂がある。山号は仏徳山(ぶっとくさん)。本尊釈迦三尊。参道は「琴坂」と称し、宇治十二景の1つに数えられている。道元から安貞元年(1227年)に帰国、しばらく建仁寺に身を寄せた後、同寺を去って深草(現在の京都市伏見区深草)の安養院に閑居した。寛喜元年(1229年)頃のこととされる。安養院はかつて深草にあった藤原氏ゆかりの大寺院極楽寺の跡で、現在の京都市伏見区深草宝塔寺山町付近にあったと推定されている。天福元年(1233)、道元は深草に興聖寺を開創する。『永平広録』によれば嘉禎2年(1236)に開堂式が行われ、観音導利院興聖宝林禅寺と号した。なお、その前年の嘉禎元年(1235年)の「宇治観音導利院僧堂建立勧進之疏」(『建撕記』所収)によると、当時の興聖寺には仏堂はあったが法堂と僧堂はまだなく、道元は僧堂建立のための勧進を呼びかけていた。建築史家の太田博太郎は、この時点(嘉禎元年)からわずか1年足らずの嘉禎2年に伽藍が完成していたとは考えられないとしている。興聖寺は、比叡山延暦寺の弾圧を受け、元年(1243)、道元が越前に下向して以降荒廃し、住持4代で廃絶した。その後慶安2年(1649)、淀城主の永井尚政万安英種を招聘して5世住持とし、朝日茶園のあった現在地に復興したのが今ある興聖寺である。★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

 

 

スポンサーサイト

「史跡探訪」紀伊路(中辺路)」熊野三山への参詣道・熊野古道のひとつ。淀川河口の渡辺津(摂津国)から一路南下、和

中辺路O

「史跡探訪」紀伊路(中辺路)」熊野三山への参詣道・熊野古道のひとつ。淀川河口の渡辺津(摂津国)から一路南下、和泉国を経て、雄ノ山峠を越えて紀伊国に入り、紀伊田辺からは大塔山地周縁部を東進して熊野本宮大社に至り、熊野速玉大社・熊野那智大社を結ぶ。近世までに紀伊田辺以東の部分が中辺路(なかへち)の名で区分されるようになったが(後述)、本項目にて扱う。紀伊路は畿内と熊野三山を結ぶ参詣道である。熊野古道の中では、伊勢路と並んで梁塵秘抄に詠われたように最も古くから知られた道であるが、摂津国・和泉国では和泉山脈・葛城山脈に、紀伊国では紀伊山地と紀伊山地に源流をもつ河川に制約され、決して容易ではない困難な道であった。そのような困難な道であるにもかかわらず、紀伊路は7世紀以降、熊野三山への参詣道として正式なルートとして認識され、京の院や貴族による参詣の隆盛を見た。のみならず、こうした院や貴族による参詣を中心とする平安末期から鎌倉初期にかけての中世熊野詣は徒歩が原則とされ、九十九王子への巡拝が行われた。中世熊野詣の先達をつとめ、参詣ルートの整備や参詣儀礼の指導にあたったのは修験者であったため、困難な修行の道を踏み越えて行くことそれ自体に信仰上の意義が見出されていたのである。

『戦後日本の あの日あの時』170「昭和34年世情・娯楽」 ◎3月、中田機化鉱業、証券用ボールペン◎共同通信、通信用伝書鳩を廃止。◎芝浦電気、ビデオ・テープレコダー ◎6月、朝日新聞社、札幌でファクシミリ伝送受像機 ◎7月、雑司ケ谷霊園

mmn

『戦後日本の あの日あの時』170「昭和34年世情・娯楽」
◎3月、中田機化鉱業、証券用ボールペンを発売。60年には銀行でも使用。◎共同通信、通信用伝書鳩を廃止。◎芝浦電気、ビデオ・テープレコダー実用機の公開実験に成功。
◎4月、兵庫県で白タク登場、以後各地広がる。
◎6月、朝日新聞社、札幌でファクシミリ伝送受像機による印刷発行開始(新聞社では世界初)
◎7月、雑司ケ谷霊園に3段階建ての墓登場。墓のアパート。◎児島明子、ミスユニバースに決定。
◎9月、炭鉱失業者救済の為に、黒い羽根募金運動が福岡で始まる。
◎10月、南海、巨人を破り、初の日本一。(MVP杉浦忠)
◎11月、交通整理の「緑のおばさん」登場。
◎12月、東京で個人タクシー173人の営業許可。(白タクは取締)◎レコード大賞(第一回受賞曲(黒い花びら)
◎この年に話題。皇太子成婚のテレビ中継の為に売れ行き急増。◎家庭の電化急速に進む。◎マイカーの普及で、東京丸の内にパーキングメーター初登場。◎種なしぶどうが登場。◎トランジスターラジオ1000万台突破。◎週刊誌ブーム「少年サンデー」「少年マガジン」「朝日ジャーナル。」3月創刊。「週刊現代」「週刊文春」4月創刊。「週刊平凡」5月創刊。
◎流行語。◎「パパな何でも知っている」◎私の選んだ人を見てもらいます。◎カミナリ族。◎タフガイ(日活の石原裕次郎売り出し用語)◎岩戸景気。◎神風タクシー。
◎流行歌。「南国土佐を後にして」ペギー葉山。「黒い花びら」水原弘。「東京ナイトクラブ」フランク永井、松尾和子。
◎話題のテレビ。「スター千一夜」「ローハイド」「番頭はん丁稚どん」「パラソルチョコレート」「ブルーワンダフル」(花王)
◎流行小説。井上靖「敦煌」。三島由紀夫「不道徳教育講座」。正宗白鳥「今年の秋」松谷みよ子。「滝の子太郎」
◎話題の映画。「人間の条件」にんじんくらぶ・仲代達也。「浪速の恋の物語」東映、中村錦之助、有馬稲子。「にゃーんちゃん」日活、長門裕之。「ギターを持った渡り鳥」日活、小林旭。◎洋画。「灰とダイヤモンド」「恋人たち」「いとこ同志」「12人の怒れる男」「さすらい」

「西国四十九薬師巡り」雲龍院・真言宗泉涌寺派・京都市東山区泉涌寺山内町・●皇室ゆかりの写経道場・雲龍院は真言宗の総本山泉涌寺の別格本山

雲龍院2 (2)

「西国四十九薬師巡り」雲龍院・真言宗泉涌寺派・京都市東山区泉涌寺山内町・(私が訪れた時に写経を熱心に大勢の人たちが黙々と書いていた)●皇室ゆかりの写経道場・雲龍院は真言宗の総本山泉涌寺の別格本山で、境内の一番奥まったところにある。泉涌寺は、東山三十六峯の南端、月輪山麓の清らかな湧き水のほとばしる仙境にあり、約四万坪の広さを備えている。皇室のご菩提所として、特異な格調高い法域でもあります。諸宗兼学の道場として、壮大にして華麗な殿堂がいらか甍を連ねており、かの有名な楊貴妃観音像も大門を入ったすぐ左手の観音堂に安置されています。
当院へは大門を横切り、左奥へと上がって行きます。雲龍院は、北朝第四代後光厳天皇が、泉涌寺第二十一世竹巌聖皐律師の法徳を慕われ、応安五年(一三七二)に創建されました。後光厳院はたびたび行幸になり、律師に聞法受戒しておられ、引導を受けて当院の背後の山に葬られました。後光厳天皇の御子後円融天皇、御孫後小松天皇も深く聖皐律師に帰依され、雲龍院の発展のため厚いご配慮をされ、ご葬送も当山で行われました。後円融天皇は、康応元年(一三八九)如法写経を発願され、そのご宸翰により法要が盛んになった。現在も毎月二十七日の開山聖皐律師の命日と、四月二十六日の後円融天皇のご祥月命日頃に厳修されている。延徳四年(一四九二)は後円融天皇の百年忌に当たり、ご尊影を絵所預の土佐光信に画かせ、御所で叡覧に供した。今日重要文化財に指定されています。文亀元年(一五〇一)後柏原天皇は綸旨をもって御黒戸御所を雲龍院に賜り、如法修殿と名付けらた。現在の本堂であり、重要文化財に指定されています。慶長元年の大地震で堂宇は大破したが、如周和尚が修理し再興させた。信仰厚い後水尾上皇は、写経道具一式二百点を当院に下賜され、また上皇の第七皇女光子内親王が書写された法華経が宝塔におさめられて、写経会の本尊として奉安されている。江戸時代後期には、皇室とのご縁故はますます深まり、玄関・方丈・勅使門を賜り、次いで明治元年(一八六八)歴代のご尊牌を奉安する霊明殿が現在のように再建され、庫裡に祀られている大黒天は、俗に「走り大黒」と言われ、泉山七福神の第五番として信仰を集めている。

京都十六社巡り・六孫王神社・祭神・六孫王大神(源経基)相殿八幡大神・ 京都市南区壬生通八条・江戸時代五代将軍綱吉の六孫王

六孫王子5 (1)
 京都十六社巡り・六孫王神社・祭神・六孫王大神(源経基)相殿八幡大神・
京都市南区壬生通八条・江戸時代五代将軍綱吉の六孫王は、清和天皇の六男を父として生まれ、経基と名づけられたが、皇室では六男の六と天皇の孫ということで六孫王と呼ばれていた。十五才にて元服、源の姓を賜わり、先例に従い臣籍に加えられたとある。承平・天慶の乱に東国・西国の追討使を承り、現地に赴き凱旋の後、鎮守府将軍に任じられた。王は現在の社地に住居を構え、臨終に臨み「霊魂滅するとも龍(神)となり西八条の池に住みて子孫の繁栄を祈るゆえにこの地に葬れ」と遺言された。王の長子満仲公は遺骸を当地に埋葬され(本殿後方に石積の神廟がある)その前に社殿を築いたのが、六孫王神社の始まりである。(平安時代中期)
 境内中央の池を神龍池といい、その側に満仲誕生のおり井戸上に琵琶湖の竹生島より弁財天を勧請し、安産を祈願し産湯に使ったと云う、誕生水弁財天社がある。(6月13日弁財天御開帳祭)
時代に現在の本殿・拝殿等建物が再建された。毎年十月体育の日に例祭(再興が元禄より始まり宝永年間に完成したゆえ別名“宝永祭”とも謂われる)が行われる。
 王の後裔には源義家・頼光・頼政・木曽義仲・頼朝等、また足利・新田・細川・島津・山名・今川・明智・小笠原・徳川等の武将が多数輩出され、それぞれ子孫繁栄されている。
 昔は、六ノ宮権現とも呼ばれ、今昔物語に「六の宮」それを基に芥川龍之介が「六の宮の姫君」にも載せている。小泉八雲著の「怪談」には、「弁天の同情」と題して不思議な夫婦の出会いの話が紹介されている。

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。